haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

優雅に気高い帽子通販 ハット通販

どっちが頭かわからなくなっちゃった。

宇宙空間は人間を含め動物の体にさまざまな影響を与えることがわかっています。とはいえ、生き物のしっぽが頭になるなんてちょっとやり過ぎじゃないでしょうか。タフツ大学の研究チームが、プラナリア国際宇宙ステーションISS)に打ち上げてみたところ、上の画像みたいになってしまったんです。

f:id:jpsupakopi:20170612183833j:plain


【画像】切断しても再生可能なプラナリアが宇宙に行くと…こうなります

といっても、帽子通販 ただ打ち上げただけではありません。そもそもプラナリアには、切断されても切れた部分を再生する性質があり、地球上でも双頭のプラナリアを作り出すことは可能です。じゃあ宇宙空間でも同じように再生されるのか、それとも何か違いがあるのかを確認すべく、今回実験が行なわれたというわけです。

2015年1月10日、数十匹のプラナリアがSpace Xの商用補給サービスミッションでISSへと打ち上げられました。そのうち3分の2ほどは、頭か尻尾、またはその両方を切断された状態です。ISSに到着後、プラナリアたちは宇宙で約5週間過ごし、重力も地磁気も極小の空間を体験しました。

f:id:jpsupakopi:20170607210050j:plain


地球に戻ったプラナリアを調べると、その中に頭がふたつある個体が見つかりました。それも上の画像の通り、尻尾の部分が頭になっているものです。このような個体はまれに発生することがあるものの、研究チームが過去に飼育していた通算1万5000匹のプラナリアの中では1回も発生したことがなかったそうです。しかもこのふたつの頭を両方切断したところ、ハット通販 両方からまた頭が再生されました。

宇宙に行ったプラナリアには、他にも変化がありました。宇宙に行ったプラナリアのうち、切断しないままだった10匹をミネラルウォーター(ちなみに銘柄はPoland Spring)の中に入れると、ショックを受けたように丸まってほとんど動かなくなってしまったそうです。その状態は2時間ほどで収束したそうですが、この反応はプラナリアが宇宙での環境変化に合わせて代謝の状態を変えていたために起きたものと研究チームは考えています。

米国、英国、ドイツ、韓国、中国のどこ国を見ても、日本のガラケー利用率(全体加重平均)が全世代で特に高いことが分かります。その裏返しで、スマホ利用率が6カ国で一番低くなっています。また、タブレット普及も各国より断トツで遅れています。

f:id:jpsupakopi:20170527143824j:plain


 年代別に見ると、スマホ利用率では、20代では 87.0%で全世代トップ。年代とともにスマホ利用率は下がり、60代は35.0%。逆にガラケーは年代と利用率が比例しています。日本ではまだまだガラケーのニーズがあることが一目瞭然です。

 これだけガラケー利用率が高いにもかかわらず、旧機種はキャリアショップでは購入できません。そのため、ガラケーユーザーもしくは購入希望者は中古端末を買うしかありません。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com