haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

バッテリーネットワーク販売専門店 電池サプライヤー

メジャーの本塁打王がマイナー落ちしたニュースは、日本球界でも話題になっている。

 去る23日、ヤンキースが戦力外にしたクリス・カーター内野手(30=右投右打)のことだ。

f:id:jpsupakopi:20170622134919j:plain


 ブルワーズ時代の昨季、バッテリー通販 41本塁打をマークしてタイトルを獲得。今季はヤンキースでプレーしていたが、57試合で打率2割4厘、8本塁打、23打点。三振の多さも相変わらずで(ここまで70)、見切りを付けられた格好だ。

 昨季のナ・リーグ本塁打王ながら、206三振の粗さを敬遠されて、ヤンキースと契約したのは2月7日。一時は日本球界入りも視野に入れた親日家でもある。

f:id:jpsupakopi:20170525163451j:plain


 193センチ、113キロの巨漢。一塁守備はヘタクソなうえに鈍足。当たれば本塁打、当たらなければ三振という大型扇風機ではあるものの、曲がりなりにも昨年のメジャーの本塁打王だ。話題性も十分ある。

f:id:jpsupakopi:20170410013033j:plain


「要はヤンキースとの交渉次第でしょう。そもそもヤンキースがカーターを獲得したのは保険の意味合いが強かった。タイラー・オースティン(25=右投右打)とグレッグ・バード(24=右投左打)という若手一塁手2人のスペアが必要だったのです。これまで2人がケガをしていたためカーターに出場機会が与えられていましたが、オースティンはケガが治り、電池サプライヤー ランキング バードもじきに故障が癒えるとみられている。もともと右打ちと左打ちの若手一塁手2人をツープラトンで使う構想だったので、日本の球団が持ち掛ければ、ヤンキースは交渉に応じる可能性が高い。ただ、気になるのはここまで打率2割9分、10本塁打、37打点と、今季ブレークしたアーロン・ヒックス外野手(27=右投両打)が右脇腹を痛めて26日に故障者リスト入りしたことです。ヒックスに長期離脱の可能性が出てくれば、外野が1人足りなくなる。その場合はオースティンを外野に回すか、カーターと再契約して外野で起用する可能性が生じます」

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com