haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

希少指スピナーの通販 限定版のハンドスピナーの通販

群馬県伊勢崎市内で公衆トイレの便器などが壊される被害が相次いでいる。この2年間で少なくとも11カ所で壊され、4カ所ですべての個室が利用できない状況だ。市は注意喚起の張り紙や看板を掲示した上で、監視カメラを設置したり見回りを強化している。

f:id:jpsupakopi:20170620192521j:plain

f:id:jpsupakopi:20170621121332j:plain

便器、タンク、手洗い器、ガラス割る

 市と県伊勢崎土木事務所によると、指スピナーの通販 被害の半分以上が境地区に集中している。2015年7月の境ひろせ公園(境下武士)を皮切りに16年6月までに7件発生した。いずれも便器やタンク、手洗い器などが硬い物でたたき割られていた。利根川水辺プラザ公園(境島村)ではガラスも割られた。

f:id:jpsupakopi:20170620003326j:plain

 他に被害を受けたのは本町、東本町、八坂町、美茂呂町の1カ所ずつ。宮子ポケットパーク(宮子町)では便器に紙を詰められる被害が今年5月にあった。

 埼玉県の蕨市立小学校の男性教諭が、性的少数者LGBT)の児童1人が在籍するクラスでの授業中に「誰だオカマは」などと、差別と受け取れる発言をしていたことが20日、市教育委員会への取材で分かった。この児童に向けた発言ではなかったが、教諭は児童と保護者に謝罪した。

f:id:jpsupakopi:20170617193851j:plain

f:id:jpsupakopi:20170617193902j:plain


 市教委によると、教諭は12日、ハンドスピナーの通販 5年生の社会科の授業中に「ここにオカマがいるのか。誰だオカマは」と発言した。学校の調査に「教科書の音読中、男子児童が声色を変えてふざけたので注意した。不適切な発言だった」と説明したという。

f:id:jpsupakopi:20170531223957j:plain


 LGBTの児童は男女両方の性に違和感を持っており、学校や級友にも伝えていた。教諭はクラスの担任ではなかったが把握していたという。この児童の保護者が学校に抗議して発覚した。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com