haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

充電式電池メーカー直営 高品質バッテリーサプライヤー

地元や観光客に人気がある沖縄県豊見城市豊崎の美(ちゅ)らSUNビーチで4日、ウミガメの卵が確認された。親ガメが砂浜を歩いたような跡もあった。約100個、約2カ月後にはふ化するという。17日には、人気アイドルグループ、AKB48選抜総選挙が予定されており、バッテリーサプライヤー県内外から大勢のファンが訪れると予想される。NPO法人日本ウミガメ協議会の若月元樹さん(42)らは「産卵場所をそのままの状態で保存し、ふ化まで、温かく見守ってほしい」と呼び掛ける。

f:id:jpsupakopi:20170525163451j:plain


この記事の他の写真・図を見る

 同ビーチでは2010年、アオウミガメの卵が見つかり、ふ化が確認されている。

f:id:jpsupakopi:20170503021557j:plain

f:id:jpsupakopi:20170513033610j:plain


 若月さんによると、静かで管理された人工ビーチはウミガメにとって夜は卵が産みやすいため、県内でも産卵事例は多いという。一方、ビーチの街灯や照明で海の方向が分からなくなり、電池メーカー ランキング子ガメが道路や駐車場に出てしまい、車にひかれてしまうなどのケースも発生している。

f:id:jpsupakopi:20170401205800j:plain

f:id:jpsupakopi:20170410013033j:plain


 ビーチ指定管理者のTSP管理共同企業体の担当者は「若月さんらの助言に従い、産卵場所を囲い、看板などを立てて、一般利用者に啓発していく」と話した。照明を調整するなど、子ガメが海に返りやすいようにするという。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com