haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

唯の妙唯を美しいiphone7ケース iphone7カバー激安通販

4人の生還を祈っていた家族や知人からは、「全員死亡」の知らせに悲痛な声があがった。

f:id:jpsupakopi:20170605132644j:plain


【写真】河西勝基さん

 小口英児さん(48)=長野県岡谷市=のいとこで、近所に住む会社員男性(44)は「何と言っていいか分からない」と声を落とした。小口さんは子どもの頃から飛行機が好きで、「飛行機に乗りたい」と、空港のフェンスにしがみつくほどだった。パイロットに憧れ、一生懸命勉強して自家用の操縦免許を取ったという。両親を小型機に乗せ、上空から「あの辺が家だね」と楽しませていたという。

f:id:jpsupakopi:20170519212518j:plain


 一人っ子で、父親を今年3月に亡くし、母親と2人暮らしだった。母親は「天気が悪かったのに。行かなければよかったのに」と悔やんでいたという。

 近所に住む70代の女性は3日夕、事故のニュースを聞いて小口さんの自宅に駆けつけた。母親は夕飯を作って小口さんの帰りを待っており、「帰りが遅い」と心配していたが、事故の連絡を受け「お父さんが連れて行ってしまった」と泣いたという。

f:id:jpsupakopi:20170518055329j:plain


 事故直後、iphone7カバー「助けて」と連絡を入れたという河西勝基さん(21)=同県下諏訪町=の死亡も確認された。

 河西さんが所属する下諏訪町消防団の分団長で、近所に住む大久保卓宏さん(55)は4日朝、搬送先の病院に向かった河西さんの父親から「ダメだった」とメールを受けた。その後、葬儀準備の連絡を電話で受けた。父親は「もしもし」と言ったあと、電話口で泣き崩れたという。

 河西さんとは、今月行われる消防団ポンプ操法技術を競う大会に向けた練習でほぼ毎日会っていた。事故があった3日の朝も約1時間、一緒に練習した。昨年は準優勝。河西さんは「今年こそは優勝を」と真っ先に練習に来ていた。大久保さんは「明日も練習で会うつもりだった」と言葉を詰まらせた。

f:id:jpsupakopi:20170518060009j:plain

学校法人「加計学園」(岡山市iphone7ケース獣医学部新設計画に関し、内閣府文部科学省に「官邸の最高レベルが言っている」と早期開学を促したとされる文書が文科省職員の間でメールで共有されていたとされる問題で、松野博一文科相は5日午前の衆院決算行政監視委員会で、野党の再調査要求を拒否した。また、安倍晋三首相の友人でもある同学園理事長が、首相の2013年のミャンマー訪問の際に政府専用機に同乗していたことが明らかになった。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com