haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

死ぬほど安いiphone7ケース激安通販 iphone7カバー通販

韓国南西部の珍島(Jindo)沖で沈没し、今年3月に引き揚げられた旅客船セウォル(Sewol)号の船体から回収された携帯電話に残っていたメッセージが当局によって公開され、携帯電話カバー犠牲者が友人や親族たちと必死にメッセージをやりとりした様子が明らかとなった。

f:id:jpsupakopi:20170518055329j:plain

f:id:jpsupakopi:20170519212518j:plain



動画:引き揚げられたセウォル号、空撮映像

 2014年4月に沈没したセウォル号は300人以上の死者・行方不明者を出し、その被害の甚大さから携帯電話ケース国史上最悪の海難事故の一つとされている。

f:id:jpsupakopi:20170509053525j:plain

f:id:jpsupakopi:20170509231851j:plain


 事故の調査に当たる委員会の声明によると、復元された携帯電話のデータには「必ず私と連絡を取り合って」「海洋警察が巡視船を派遣したところ。死なないで。生きて」と訴えるメッセージが残っていたという。さらに最後のメッセージでは、救助されたかどうかを尋ねるとともに、もし携帯電話が作動しなくなった場合、「他の人の電話を使って私に連絡して」と求めていた。

 この携帯電話の所有者は事故当日の午前9時29分に最後のメール確認をし、電話はその32分後に機能を停止していたという。

f:id:jpsupakopi:20170511233529j:plain

f:id:jpsupakopi:20170511233837j:plain

2014年4月16日に韓国南西部の珍島沖で沈没し、iphone7カバー今年3月下旬に引き揚げられた旅客船セウォル号の船内捜索を行っている船体調査委員会は26日午前、船内から見つかった携帯電話のうち2台のデータを復元した結果をまとめた報告書を公開した。復元されたデータからは当時の状況を推測できるメッセージが残っていた。

 携帯電話からはセウォル号出航日の4月15日午後6時42分、「霧で行けないかも」とのメッセージが送信された。同7時2分には「教頭は(修学旅行の)キャンセルを望んでいる」とのメッセージが残っていた。

 セウォル号は当初、同6時半に仁川港を出航する予定だったが、濃霧の影響で出航が遅れ、同9時に港を出発した。

 船体調査委は当時、無理に出航したかどうかを判断する材料になるとみている。

 一方、修学旅行でセウォル号に乗船していた檀園高校(京畿道安山市)の教頭が修学旅行の中止を望んでいたとのメッセージも注目を集める。教頭は事故発生から2日後の4月18日、山で遺体で発見された。「200人の生死が分からないのに、一人だけ生きていくのは辛い。iphone7ケース私に全ての責任を負わせてほしい。私が修学旅行を推進した」などと書かれた遺書も見つかった。

f:id:jpsupakopi:20170509052702j:plain


 生徒らの引率責任者だった教頭は責任を感じて自ら命を絶ったが、メッセージからみると、霧のため出航に反対していたことが読み取れる。

 教頭の遺族は殉職にあたるとして、殉職遺族給与を請求したが拒否され、訴訟でも敗訴が確定している。

.連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com