haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

照明バッテリーサプライヤー おもちゃバッテリー調達 電池メーカー ランキング

Bリーグ初代王者を決めるチャンピオンシップ(CS)準決勝が21日まで行われ、栃木(東地区1位)と川崎(中地区1位)の決勝進出が決まった。準決勝は2カードとも1勝1敗の接戦となり、第2戦終了後に引き続き行われる前後半5分ずつの第3戦で決着がついた。旧bjリーグが採っていた特殊な競技方式をそのまま持ち込んだが、準決勝に残った4チームはいずれも旧NBL勢で、初めての経験。わずか10分間の戦いで明暗が分かれる第3戦は、

f:id:jpsupakopi:20170513033610j:plain

バッテリーメーカー選手にもファンにも記憶に残る戦いとなった。

【写真】シュートを放つ川崎の辻(左)

 「第2戦に勝ったチームが第3戦も勝つという感触を持っていたが、今回はうちが勝った。このルールが続くとすれば、そのへんが面白いところかな」。川崎の北卓也監督はA東京との第3戦に勝った後、そう話した。川崎は第1戦に勝ったが、第2戦は残り12秒で逆転され、

f:id:jpsupakopi:20170503021557j:plain

バッテリーサプライヤー1点差で敗れた。第3戦との間の15分間は「とにかく休め」と選手に指示したという。第3戦は前半こそ3点のリードを許して折り返したが、後半に逆転して逃げ切った。

 敗れたA東京の伊藤拓摩監督は「来年もこのルールなんですかね。ぜひ見直して欲しい」と不満げだ。第3戦の前には、ファウルやタイムアウトの回数のルールを選手としっかり確認したという。「うちが劣っていたとは思わない。(相手は)たまたまシュートが入って、(うちは)たまたまシュートが落ちたと思っている」と悔しさをにじませた。

 栃木―三河の第2戦は、

f:id:jpsupakopi:20170410012639j:plain

f:id:jpsupakopi:20170410013033j:plain

電池サプライヤー第1戦に敗れて後がない三河が、最大で19点をリード。残り3分で栃木に同点とされたが、三河が逃げ切って1勝1敗に。第3戦も最後まで競り合いとなったが、残り2秒で栃木が2点勝ち越して決勝進出を勝ち取った。

 栃木のトーマス・ウィスマン監督は「昨日の川崎―A東京も今日の試合も、とてもエキサイティングな展開になった。もしかしたらなかなかいいルールなのかもしれない」とご満悦。タイムアウトが前後半1回ずつしか取れず、持ち越すこともできないなどといった細かな点だけ「ルールの変更を」と求めた。

 一方、敗れた三河鈴木貴美一(きみかず)監督は「やったことがないのでエネルギーの持っていき方が難しかった」と話しつつ、「でもそれは相手も同じだし、言い訳になってしまう。ルールについていろいろ言うつもりはない」と口をつぐんだ。

 B1の残留プレーオフ(PO)とB2のPO準決勝も合わせると、計4カードで第3戦に突入したが、偶然にもすべて、第1戦に先勝したチームが第3戦を制した。

オリックスは23日、奥浪鏡内野手(21)が22日19時30分ごろに大阪市内で同内野手が運転する車両が2人乗りのバイクに接触する人身事故を起こしたと発表。奥浪は17日に30日間の運転免許停止処分を受けており、球団では処分期間中の事故という事態を重く見て無期限の謹慎処分を通告した。

【写真】免停中に人身事故を起こした奥浪

 長村球団本部長は「日ごろからコンプライアンスについて注意喚起を厳しくしてきたが、こういうことになり、被害者の方に心よりお詫びしたい。また球団関係者、球界関係者の方に多大なるご迷惑をお掛けしました。プロ野球人の前に社会人としての常識。非常に残念。申し訳ない気持ちです。奥浪は免停の報告義務も怠っており、野球の練習もやらせない。寮内で寮長の指導の下、奉仕活動をさせる。ルールを破って事故を起こしたという事実を重く受け止めてやっていきたいと思います」と厳しい表情で話した。

 奥浪は寮近くのコンビニエンスストアに買い物に行く途中、左折した際にバイクを巻き込んだという。バイクに乗車していた男女に大きなケガはなかったもよう。

 奥浪は球団を通じて電池メーカー ランキング

f:id:jpsupakopi:20170401015619j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401205301j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401205800j:plain

「このたびは私の一社会人としての自覚に欠けた軽率な行動により、被害者の方へ多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。ならびにファンの皆様、関係者の皆様をはじめ多くの皆様にご迷惑をおかけしておりますこと、重ねて深くお詫び申し上げます。第1におけがをされた被害者の方へ、誠意を持って対応して参ります。このたびは大変申し訳ありませんでした」とコメントを発表。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com