haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

iphone7ケース逸品専門店

岩手県西和賀町湯田ダム錦秋湖)で、処分に困って積み重ねていた流木の山からカブトムシの幼虫が見つかった。

f:id:jpsupakopi:20170518060009j:plain

f:id:jpsupakopi:20170519212518j:plain

携帯電話カバー「子どもたちの環境学習に役立ちそうだ」と東北地方整備局湯田ダム管理支所は、6月3日に採取会を企画。年間600万円の処理費を要する「厄介者」が、子どもたち垂ぜんのお宝の山に化けそうだ。

【写真】流木の中から見つかったカブトムシの幼虫

 職員が今年3月、山積みになったアシやカヤの廃木から幼虫を見つけた。5月の大型連休明けには別の朽ち木の山からも発見。管理支所は「少なくとも100匹はいるのではないか」とみている。

 和賀川をせき止めた湯田ダムには、上流や周辺の沢からブナ、アシ、カヤなどの流木が流れ込み、湖面に堆積する。

f:id:jpsupakopi:20170518055329j:plain

携帯電話ケース放置すると放水時の障害になるため、管理支所はダム近くに流木の保管場所を設けて分別管理してきた。

 ブナなど一部の流木は、5年以上前からまきストーブの燃料や園芸用資材として無償提供しているが、それでも年間約130トンは焼却処分せざるを得ない。

 山内純一所長は「置いていただけなのに、カブトムシが育っているとは思わなかった。採取会を子どもたちが自然で生きる昆虫と触れ合う機会にしたい」と話す。

 採取会は3日の午前10時と午後1時の2回開催。流木保管場所で幼虫を探すほか、カブトムシの育成方法を学ぶ。参加無料。定員は各回15組で、事前申し込みが必要。連絡先は湯田ダム管理支所0197(74)2011。

名古屋城外堀で捕獲された外来肉食魚のアリゲーターガーを22日、名城大の谷口義則准教授(魚類生態学)が解剖した。何を食べているのかなど、生態系への影響を調べることが目的だったが、胃の中には何も入っていなかった。

【写真】名古屋城外堀で捕獲されたアリゲーターガーの全長を計測する谷口准教授と学生=22日、名古屋市天白区の名城大

 名古屋市から譲渡されたもの。同市天白区のなごや生物多様性センターで冷凍保存された個体を受け取り、

f:id:jpsupakopi:20170509052210j:plain

f:id:jpsupakopi:20170509052702j:plain

iphone7カバー名城大の研究室で解剖した。

 胃からはえさを捕食した形跡が見られず、少なくとも捕まるまでの24時間は何も食べていなかったとみられるという。精巣が見つかり、オスと判明。精巣の大きさなどから推定5~10歳。ガーは50年ほど生きるため、若い個体という。うろこが硬く、解剖には電動工具を使った。

 ガーは再び冷凍し、

f:id:jpsupakopi:20170509051738j:plain

f:id:jpsupakopi:20170511233837j:plain

iphone7ケース月内にも愛知県内の水族館に引き渡して標本にする予定。谷口准教授は「原産地から持ち出されると、目の大きさなど形態が変わることがある。有効な対策を立てるためにも、解剖で得た詳細なデータは貴重な基礎資料になる」と話した。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com