haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ファッションの先端に行くハット激安通販

初めての子育てに孤軍奮闘するムーニーのPR動画に「ワンオペ育児を称賛する内容」「子育ての現実を描いている」など賛否両論が巻き起こる中、別の視点で子育てを描いたパンパースのCMにも注目が集まっています。ポイントとなったのは、子育てへの周囲の協力の有無。

f:id:jpsupakopi:20170327210142j:plain

帽子通販 ムーニーを販売するユニ・チャームとパンパースを販売するP&Gに取材し、この映像を制作した背景を聞きました。

【画像】子どもを笑わせようとするガードマンの変顔

●忙しい母親を描いたムーニーのCMに賛否両論

 ムーニーのCMは、不慣れながらも初めての育児に挑戦していく内容で、公開されたのは2016年12月。植村花菜さんが歌う「moms don’t cry」という歌に乗せ、泣いた赤ちゃんに困惑する様子や赤ちゃんを抱えながら急いで食事をする様子など、母親の苦労が描かれていましたが、

f:id:jpsupakopi:20170324015232j:plain

ハット通販 他の家族が育児に協力する姿はほとんど映されていません。動画は「その時間が、いつか宝物になる。」というメッセージと共に締めくくられます。

 この内容について、SNSでは「めっちゃくちゃ辛い地獄の時期思い出して泣けた」「誰からも助けの手が入らなかったのを、『いつか宝物になる』と言ったのは本当によくない」などの批判もありましたが、「あそこまでリアルに描いたのはある意味すごい」「ワンオペじゃなくても母親の負担ってこれだけあると思う」など育児の実情を描いたことに関して評価する意見も寄せられています。

●子どもの大切さを描いたパンパースのCMには称賛の声が集まる

 一方、パンパースのCM(2016年2月公開)

f:id:jpsupakopi:20170327215656j:plain

ブランドハットコピー は子守歌を歌う母親、夜通し抱っこする父親、本を読んであげるために文字を勉強する祖母、子どもを笑わせようとするガードマンなど、大人みんなが協力し子どものために行動する姿が映されており、孤軍奮闘する母親を描いたムーニーのCMとは対照的な内容になっています。

 パンパースのCMに対しては批判意見はほとんどなく、「『子どもは社会の宝』を地でいってる」「パンパースのCM見たら泣けてきました」など称賛する声が多数集まっています。

●各社の見解は

 ユニ・チャーム広報にムーニー

f:id:jpsupakopi:20170329014746j:plain

ブランド帽子コピーのCMへどういう思いを込めたのか聞いたところ、「子育ての理想と現実の違いに悩むお母さんがたくさんいます。子育てのリアルな日常を描くことで応援につなげたいという思いがありました。けして“ワンオペ育児”を推奨するわけではありません」と語りました。動画の掲出を止める可能性については「削除する予定はありません」と否定。動画に賛否が集まっていることについては「本当にありがたいです。感動したという声や理解してもらいづらい世界を描いてもらってうれしいという声があり、賛否両論はありますが賛同意見の方が多い傾向にあります」とコメントしました。

 また、P&G広報はパンパースのCMについて「パンパースは生まれてくる全ての赤ちゃんの成長を応援したいというのがブランドの信念であり、その信念を伝えたいと思ってこのビデオを制作しました」と制作の意図を語りました。

 母親の忙しさを描く動画と、子どもの大切さを描いた動画。賛否両論はあるものの、どちらの動画にも重要な思いが込められていたようです。

「おしっこは健康のバロメーター」ともいわれます。中高年男性の中には「おしっこの勢い」で自分の衰えを感じた、という人もいるのではないでしょうか。では“健康な排尿時間”というものはあるのでしょうか。泌尿器科が専門の順天堂大学教授、堀江重郎さんに聞きました

セ・リーグ 巨人2―11広島(2017年5月13日 マツダ

 巨人は投手陣が13安打で11失点を喫し、2位浮上はならなかった。

 先発のマイコラスは初回に3失点を喫するなど6回9安打で自己ワーストタイの5失点で2敗目。「不運な当たりもあって、

f:id:jpsupakopi:20170408031519j:plain

f:id:jpsupakopi:20170412170500j:plain

帽子コピー ああいう結果になった」と振り返った。

 今季の広島戦は7試合で1勝6敗、48失点の内容に高橋監督は「点を取られたら勝てないんだから」と厳しい表情だった。

広島の岡田は、6日の阪神戦では大量援護をもらいながら六回途中7失点と崩れた。9-0からの大逆転負けの一因となってしまい、「前回のような投球はしない」。この日は反省を込めた強い意志をボールに込めた。

 4点リードの四回1死一塁で阿部に2ランを浴び、マギーにも安打。「打たれたのは仕方ない。次を抑えよう」。そう思い直し、長野を外角速球で見逃し三振。中井は低めへのカーブで投ゴロに仕留めた。七回も1死一、二塁としたが、代打脇谷と石川を150キロ超の速球で連続三振。ピンチの時こそリラックスを心掛け、「力みなく力む感じ」で、球を離す瞬間に力を集約させた。

 チームは先の2カードで1勝5敗、

f:id:jpsupakopi:20170416154907j:plain

f:id:jpsupakopi:20170416160437j:plain

ハットコピー計48失点。野村以外の先発が振るわず、中継ぎに負担が掛かっていた。「投壊」といえる状況で初のスライド登板。緒方監督の「力のある投手に優先的に投げてもらいたい」との思いにも応えた。

 先発に勝ち星がついたのは8試合ぶり。岡田は「今の打線なら、試合をつくれば勝ちはつく。次も抑えていきたい」。流れを変えた投球に言葉が弾んだ。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com