読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

風流洒脱ブランドハット通販

藤本健のソーラーリポート」は、再生可能エネルギーとして注目されている太陽光発電・ソーラーエネルギーの業界動向を、“ソーラーマニア”のライター・藤本健氏が追っていく連載記事です(編集部)

【この記事に関する別の画像を見る】

 筆者が太陽電池の家に住みたくて一軒家を買ってから12年。2004年末の新築と同時に太陽光発電による生活をスタートさせ、

f:id:jpsupakopi:20170503031925j:plain

帽子通販 いまも順調に発電をする太陽電池とともに暮らしているが、あと2年半で「太陽光発電2019年問題」というものに直面する。

 2019年問題は一般にはあまり知られていない言葉だが、FITの終了、つまり高い単価での売電の終了が始まることを意味するもの。このことは今後のエネルギーとの付き合い方、もっと言えば日本のエネルギー政策においても重要なポイントとなることだ。太陽電池を追い続けて35年、太陽光発電を使って12年暮らしてきたソーラーマニアから見た2019年問題とは何なのか、

f:id:jpsupakopi:20170416160437j:plain

ハット通販 12年間のデータなども見ながら考えてみたい。

 筆者が中学3年生のときに太陽電池という存在を知ってこれに憧れ、高校に入ってすぐに太陽電池を初めて購入。その後、大学も電気工学科へ進み、太陽電池メーカーに入るか楽器メーカーに入るかを悩んだ結果、

f:id:jpsupakopi:20170408031519j:plain

ブランドハットコピー なぜか間違えてリクルートに入社してしまい、2004年末、ようやく念願叶って太陽電池で暮らせる家を作った、という話はこのソーラーリポートの連載をスタートさせる前の2010年に4回の記事として書いたことがあった。

 設置当時の詳細については、以前の記事に譲るが、太陽光発電ブームなんていうものの遥か以前に購入した際はまだまだ価格も高かった。ブランド帽子コピー具体的には、今では小規模といわれる3.6kWのシャープ製のものが屋根への設置工事代金も含め、217万円。当時はまだ国からの補助金横浜市からの補助金もあったので実質的な出費は183万円。まあ、その時の情勢から見れば、元を取るのは不可能という金額ではあったけれど、ソーラーマニアとして十分満足のいく買い物だったのだ。

 それから12年ちょっとが経過したわけだが、その間、本当にいろいろなことがあった。当初は買電単価で売電できるという形で、

f:id:jpsupakopi:20170412170500j:plain

帽子コピー いかに電気料金を安く抑えるか……と工夫していたが、福田内閣時代の洞爺湖サミットでの決定により2009年11月からFIT制度というのが始まったのだ。これは家庭の屋根で太陽光発電をしている人の余った電気をその当時の買電単価の倍となる48円(税込み)で10年間売電できるという制度。早く設置した人ほど、売電単価を高くして太陽光発電の普及を促そうという仕組みになっており、その後42円、38円、37円……と減っていき、この2017年度からは28円(出力制限対象地域は30円)となった。

 体調を崩して2017年4月22日から入院中の麻央さんは、腕の血管から炎症を抑える抗生剤などの点滴を受け続けていた。

■「酸素吸入機の準備もよし!介護ベッドの準備もよし!」

 5月11日に更新したブログによると、医師が点滴に使える血管を何度も探し出してくれたが、腕だけでは限界もあったという。そこで、鎖骨近くの皮膚の下に「ポート」と呼ばれる点滴用医療機器を埋め込む手術に踏み切ることにした。

 この医療機器は、ポート本体に接続した管のカテーテルを静脈などに入れて、栄養分のある高カロリー輸液などを注入するのに使われる。

 手術を終えた麻央さんは、「親知らずの抜歯の時のような最初の局所麻酔の痛みだけで、怖くなかった」

f:id:jpsupakopi:20170403021704j:plain

ハットコピー「まだ少し痛みが残っていますが、馴染んでくるはず」と感想を書いている。

 そして、在宅治療の点滴に利用できるとして、退院に向けて準備を進めていることを明らかにした。「酸素吸入機の準備もよし!介護ベッドの準備もよし!

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com