haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

死ぬほど美しいハット通販

和歌山県南部の夕刊紙「紀伊民報」(本社・同県田辺市)が、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域で発生した山火事に関し、帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170503031854j:plain

放射性物質の拡散を指摘するコラムを掲載したところ、福島県の被災者らから「風評被害を助長する」などの声が寄せられ、8日発行の9日付同欄で「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝した

 アメリカで現在、爆発的に流行しているという玩具「ハンドスピナー」の波がついに日本にもやってきそうです。Togetterには、流行ぶりをまとめた「アメリカで爆発的に流行中のコレ 何かわかりますか?」というエントリも投稿され、「注文してしまったw」「これは(無駄に)欲しくなる」といったコメントがついています

2016年は劇場アニメ映画のヒットが目立った年だった。何と言ってもすごかったのが『君の名は。』で、興行収入が2017年3月21日現在で247億円。『千と千尋の神隠し』の308億円に次いで日本映画史上歴代2位の記録を打ち立てた。しかも、公開から半年たった今でも公開されており週ごとの興収ベスト10に入ったりしている。驚異的な実績なのだ

歌手の矢井田瞳(38)が8日放送の日本テレビ系「深イイしゃべくり毒舌合体SP」(月曜後9・00)に出演。ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170503031925j:plain

ヒット後の苦悩を告白した。

【写真】始球式後に手を振り笑顔をみせる矢井田瞳

 番組では「大阪から来た女性は本当に幸せなのか」というテーマで密着。19歳で初めてギターに触れたという矢井田は、大学在学中に歌手デビューし、2枚目のシングル「My Sweet Darlin’」が大ヒット。ファーストアルバムがミリオンセールスを突破するなど瞬く間にシンデレラ歌手となった。

 卒業後に上京、本格的に音楽に向き合うが、名前が売れるにつれ批判や悪口も多くなる。「声が嫌い」など心無い声を耳にするたびに気持ちは傷つけられた。

 歌手をやめようかと悩んでいたとき、ブランドハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170416160437j:plain

同じ関西出身の事務所スタッフに「辛いです…」と相談すると「人気出てきたなあ」と明るい返事だったという。スタッフの反応を見て、上京して忘れていた何でも前向きに捉えるナニワ魂を思い出し、歌手を続けようと決意したという。

腎盂(じんう)腎炎で入院していたセクシー女優で作家の紗倉まな(24)が8日、退院したことをツイッターで報告した。

【写真】退院報告した紗倉まな

 紗倉は3日、「本日は本当にすみませんでした。大阪から京都へ移動中、車のなかで急に発熱し、39・8度まで上がって立てなくなってしまいました」として、イベント欠席を謝罪。病院で検査を受けたものの、ブランド帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170412170500j:plain

この時点では原因不明だと報告していた。

 そして4日に腎盂(じんう)腎炎だったことが判明し、入院を報告。「身体をしっかり休ませて早く治したいと思っております。ご心配、ご迷惑おかけしまして、すみませんでした」とつづっていた。

 5日の時点では「解熱剤飲んでも39度5分かぁ...先は長い」となかなか熱が下がらない様子だったが、次第に快方へ向かい、8日に「ついにっ!!!! 退院しましたー!!!!!」と報告。「まだ少し腎臓は痛みますが、二日間自宅療養しまして、またお仕事復帰したいと思います 帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329011229j:plain

皆様、ご心配おかけしまして申し訳ありませんでした」とつづった。

タレントの明石家さんま(61)が司会を務めた大阪・MBS毎日放送)の開局65周年記念番組「実際どうなん!?大阪のテレビ」が7日、放送され、長年さんまと共演NGだったフリーパーソナリティー、角淳一(72)とさんまのテレビ初共演が実現した。

【写真】さんま 離婚会見直後、30分おき5つの宗教勧誘が自宅に

 さんまは「角さんもやっとこさ、この番組(同番組は『痛快!明石家電視台』のスピンオフ)に。共演するだけNGで。今日も断ってたらしいねん」と紹介。角は同局のアナウンサー出身で、看板番組「ちちんぷいぷい」の初代MCとして関西ではビッグネームだ。

 角は「ホントはイヤだったんですけど。さんまさんといえば草木もなびくじゃないですか。そんなことに関西人のプライドもあって、さんまさんと一緒に共演するってことは、僕にとっては美学に反するんですよ」と、長年さんまを共演NGにしていた理由を説明。

 今年、開催された音楽イベント会社の40周年イベントで角が司会、さんまがゲストとしたことで、共演が解禁されたという。

 角は一方で「さんまさんの番組は全部チェックしてます」と、さんま愛を隠さず。

 さんまが同局の看板ラジオ番組「MBSヤングタウン」に登場した頃、角も笑福亭鶴光と同番組のパーソナリティーを務めていたが、「田んぼに田んぼうなぎっておんねん」という話題だけで10分もたせるさんまのトークを聞き「これはもう時代は終わった」と思ったことを告白。ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170324015232j:plain

f:id:jpsupakopi:20170324020106j:plain

最近も「千鳥の大悟の本名が山本っていうだけで5分もたしてる。こんな番組出たないわと思いましたね」と、称賛を惜しまなかった。

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com