haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

魅力を持つハット通販

火星での植民地建設を想定し、火星の土壌を再現した人工の土から小さなれんがを製造することに成功したとの研究結果が27日、発表された。土を特定の方法で圧縮するだけで赤れんがを製造でき、帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170416153803j:plain

別の材料を添加する必要も、焼き固める必要もないという。

【写真】製造された円盤状のれんが

 構造工学者らからなるチームは、米航空宇宙局(NASA)が火星の土壌を再現してつくった土砂の混合物を高圧で圧縮すると、鉄筋コンクリートよりも強い構造になることを偶然に発見。この方法で、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170401210757j:plain

厚さ3ミリの円盤状のれんがを数百個製造した。

 英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)で発表された論文の主執筆者、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego)の喬宇(Yu Qiao)教授によると、実際の火星の土壌を何層にも積み重ねて圧縮し、壁をつくったり、ブランドハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170401210419j:plain

より大きなれんがを製造したりできる可能性がある。

 火星で建設資材をつくるためこれまでに考案された手法では、れんがを焼き固めるために原子力施設を建設するか、接着剤となるポリマーを地球から大量に運び込まなければならなかった。一方、同教授の手法では原材料のすべてを火星で調達し、最小限の資源で資材を製造できる。

最終ミッション「グランド・フィナーレ」として、土星土星の環の間へと飛び込んだ探査機「カッシーニ」。そのカッシーニから、初となる土星の接近観測画像が地球へと届けられました。
 
上の画像は、NASAが「巨大ハリケーン」と呼ぶ土星大気の一部です。カッシーニ土星大気から3,000km、ブランド帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329014249j:plain

環から300kmの位置まで近づき、アンテナを盾のようにして時速12万4000kmで移動。もちろん、これほどまでに土星の大気に近づいての観測結果が地球へと届けられたのは初めてとなります。
 
土星の大気はほとんどが水素で成り立っており、その最外層の気圧は地球の1気圧とほぼ同じです。また北極には六角形の巨大なジェットが存在し、その他にも巨大な嵐が頻繁に発生します。また、時速1,帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329012327j:plain

800kmに達する極めて高速な風が表面に吹いているのです。
 
今後カッシーニは21回の周回ミッションをこなし、9月15日に土星大気に突入してその寿命を終えます。次回のダイブは5月2日。ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170329012758j:plain

土星はその大気の構造や環の構成、年齢などわからないことだらけですが、カッシーニの勇気あるミッションによってさらなる詳細が解き明かされることでしょう。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com