haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ハイエンドハット通販 旅行には必携

日本マクドナルドはネット上での「荒らし行為」に悪用されたため、ツイッターでの「怪盗 #ナゲッツ親子 キャンペーン」を29日に打ち切ると発表しました。キャンペーンの機能を使い、帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170418003455j:plain

人気YouTuberのはじめしゃちょーさんのつぶやきに対し、タレントのダンディ坂野さんの画像が大量に送りつけられる事態になっていました。マクドナルドは「意図しない使われ方が拡散する可能性がある」と中止理由を説明しています。

パスワード啓発ポスター、なぜか胸キュン少女マンガ風

29日夜に打ち切り

 キャンペーンは20日に開始。ツイッターハッシュタグ「#ナゲッツ親子」を付けてつぶやくと、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170416153803j:plain

1000人に1人の確率でナゲット引き換え券1年分が当たるものでした。宣伝キャラクターの「ナゲッツ親子」をダンディ坂野さんたちが演じています。

 本来は5月7日までの予定でしたが、今月29日夜をもって打ち切ることを決めました。

自動返信を悪用

 悪用されたのは応募されたつぶやきに、「ナゲッツ親子」の画像つきの返信が自動的に届く仕組みでした。

 投稿動画の炎上などで、3月から活動休止していたはじめしゃちょーさんが今月27日に「ただいまTwitter」と投稿。その一つのつぶやきに「 #ナゲッツ親子」のハッシュタグがついた返信が大量に送られました。返信数は5万を超えています。

 さらに荒らし投稿と同数の、マクドナルドからの画像つきの自動返信も届くため、規模は2倍に。ブランドハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170329012758j:plain

荒らし以外のファンの投稿が、非常に見つけにくくなっています。

 荒らし行為により大量投稿が相次いだこともあり、キャンペーンへの応募数も600万を突破。マクドナルドは「想定をはるかに超えるご応募があった点と、今後も意図しない使われ方が拡散される可能性を視野に入れて終了を決めた」と説明します。

現在、20代以下の約半数以上がLINE、TwitterなどのSNSを利用している。このTwitterでリベンジポルノの問題が起きている。そして、このリベンジポルノは、今まで考えられていた「一対一」のものではない。【BuzzFeed Japan / 井上昌也】

【写真】真夜中の「誰もいない渋谷」を撮影してみた。 一瞬だけ現れた美しい光景

リベンジポルノとは、離婚した元配偶者や元交際相手間で、相手が公開するつもりのない性的な画像などを公開する行為だ。2013年に三鷹市で起きたストーカー殺人事件でも問題になった。

しかし、現在のリベンジポルノは、ブランド帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329011703j:plain

交際関係にあった相手によるものだけではない。第三者を介して、インターネットに拡散され、誰の手によるものか、特定するのが困難になってきている。

なぜ、このような事態になっているのか。

晒し垢とはリベンジポルノを公開するためだけのアカウント

Twitter上では、会社や学校の人など実生活につながりのある人に自分の愚痴や趣味を聞かれたくないために、複数のアカウントを持つ人がいる。

実生活につながりのある人と繋がる「表アカウント」に対して「裏アカウント」、略して「裏垢」と呼ばれるものだ。

こうした裏垢には、似た性的趣向を持つ人々が使うアカウントが存在する。「晒し垢(さらしあか)」もそのひとつだ。

この「晒し垢」では、帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329013219j:plain

女性の水着写真や性器の写真、性行為の動画などが投稿される。こうした被写体となった人の許可を得ているわけではなく、勝手に「晒される」。晒し垢は、見知らぬ第三者のポルノ画像をアップするためだけに作られたアカウントだ。ここで投稿される画像や動画はもともと、その画像を撮影した第三者が、アカウントの持ち主に何らかの目的で依頼し、公開される場合が多い。

晒し行為は交際相手だけではなく、同性の友人にも注意

一般的なリベンジポルノは、元交際相手など、嫌がらせをする動機を持つ人間が直接、インターネット上に投稿するが、「晒し垢」では第三者を通じて公開されるところに特徴がある。

これに加えて、晒し垢には、元交際相手ではない相手からの依頼もある。

上の画像には、「仲良し」というワードがある。その通り、上の画像は写真に写っている女性の友人がアカウント主に依頼し、画像公開させたものだ。もはや同性の友人によるリベンジポルノにも注意が必要になっている。

激闘には違いない。

 プロ注目の清宮幸太郎(3年)を擁する早実日大三が激突した、27日の高校野球春季東京大会決勝。予想通りの大乱打戦になった試合は、延長十二回にもつれた末に早実が18-17でサヨナラ勝ちした。

 早実は八回に3番・清宮の高校通算83号となる2ランで13-10と引き離したが、九回に日大三が一挙7点を奪って2度目の逆転。さすがにこれで決着と思われたのも束の間、その裏に早実が1点を返すと、清宮が2打席連発の同点3ランを中堅左にぶち込み、試合を振り出しに戻すという劇的な展開になった。

 両校合わせて12人の投手が計18四死球を与え、互いに暴投、失策も続出。「激戦」というより「ヘボ合戦」ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170327210142j:plain

というのが実際だったが、清宮の注目度だけは本物だった。


連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com