読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

おもちゃバッテリ生産製造

政府の地震調査研究推進本部は27日、特定の地点が30年以内に地震に見舞われる確率を示す「全国地震動予測地図」の2017年版(1月1日時点)を公表した。建物が倒壊し始めるとされる震度6弱以上では、千葉、横浜、水戸市役所がいずれも8割を超えるなど、関東、東海から近畿、携帯電話カバー

f:id:jpsupakopi:20170424234753j:plain

四国にかけての太平洋側が引き続き高かった。

 地図は、地震の起きやすさと地盤の揺れやすさの調査を元に作製した。30年以内の確率で、0・1%以上3%未満は「やや高い」、3%以上は「高い」とされる。昨年6月に公開された16年版と比べ、確率が全国で最も増えたのは、山口県山陽小野田市付近で、3・6ポイント増の17・1%。最も減ったのは岡山県井原市付近で、0・65ポイント減の9・56%。いずれも、中国地方活断層を7月に再評価したデータを反映した。

 太平洋側では南海トラフ地震など海溝型地震の確率が微増。市役所の所在地でみると、千葉85%、携帯電話ケース

f:id:jpsupakopi:20170424233943j:plain

横浜・水戸81%、高知74%、徳島72%、静岡69%の順に高かった。

 一方、熊本市役所は、熊本地震を引き起こした布田川断層帯・日奈久断層帯に依然、強い揺れを起こす恐れがある区間が残っているため、昨年と同じ7・6%だった。

 平田直・地震調査委員長 iphoneカバー(東京大教授)は「自分の所は安全だと思わず、日本はどこでも強い揺れにあう可能性が高いと考えて欲しい」と呼びかけている。

安倍首相は27日午後(日本時間27日夜)、モスクワのクレムリン(大統領府)でプーチン大統領と会談した。

 昨年12月の首脳会談で協議開始を決めた北方領土での「共同経済活動」の実現に向け、両首脳は日露共同での現地調査の実施で合意する見通しだ。首相は北朝鮮情勢についても提起し、iphoneカバーメーカー

f:id:jpsupakopi:20170413182247j:plain

プーチン氏に連携を働きかける。

 両首脳の会談は昨年12月に山口県長門市と東京で行って以来で、第1次安倍内閣時代を含めると17回目となる。

 プーチン氏は会談冒頭、バッテリサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170226201614j:plain

「日本はよき展望のあるパートナーだ。(昨年12月に)山口で話した結果、様々な合意が達成された。この数か月でかなり進展がみられた」と述べた。

 首相は「両国の関係が着実に前進していることを評価したい。平和条約を含む2国間関係、地域情勢などについて率直に話したい」と応じた。

 厚生労働省は27日の労働政策審議会の分科会で、労働基準法の指針に「休日労働の抑制」を努力義務として明記する方針を示した。休日労働は、政府が新たに設定する残業時間の上限規制(年720時間)の対象外となっているため、「抜け穴」との指摘が出ていた。指針に基づいて企業を指導できるが、バッテリメーカー

f:id:jpsupakopi:20170303004114j:plain

f:id:jpsupakopi:20170303004536j:plain

強制力はない

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの2017年3月期の純利益は前年より11・4%増の823億円で、6期連続の増加となった。昨夏の台風などで、入園者数は5年ぶりに3千万人を切ったが、電池サプライヤー ランキング チケット代を値上げしたことなどが功を奏した。

 だが、人手不足の波はここにも押し寄せている。パーク内のレストランの配膳係のほか、ディズニーシーの水上ショーで操船するアルバイトなどが不足していたという。幅広く人材を集めるため、電池メーカー

f:id:jpsupakopi:20170226195828j:plain

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain

今年1月には、初めて大阪でもアルバイトの採用活動を行った。横田明宜常務は「今後、ますます採用が厳しくなる。仕事の省力化や、手当のアップなどで定着力をあげたい」と話した。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com