haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子タバコ通販 機械式キーボード生产制造

ユーシンが開発、まず欧州の高級車に売り込み

 ユーシンは乗用車のドアの縁を保護し、ドアを開けた際に外壁に接触してできるキズから守る部品「ドアエッジプロテクター」を開発した。ドアに内蔵する形で搭載するため、ドアを閉めている時は、電子タバコ通販

f:id:jpsupakopi:20170421025258j:plain

f:id:jpsupakopi:20170422023105j:plain

外観のデザインを邪魔しない。欧州市場で販売される高級車を中心に売り込みをかけ、2020年以降の市場投入を目指す。

 ドアエッジプロテクターはドアの開閉を感知するユニットと、保護部を出し入れするユニット、両ユニット間をつなぐケーブルで構成する。ドアを開けると、ドアの内側にある保護部が出てきて、縁をカバーする。勢いよくドアを開けて外壁にぶつけても、保護部が守ってドアにキズやへこみはつきにくい。同プロテクターは同社が得意とするドアラッチのメカニズムを応用して機械的な機構を採用。電気制御部品は一切使用していない。

 従来、ドアエッジを保護する部品として、後付けのドアモールやドアガードはあった。これらはドアの外に付ける部品のため、電子タバコメーカー

f:id:jpsupakopi:20170415002202j:plain

f:id:jpsupakopi:20170415002215j:plain

外観が不格好になったり、空力性能への影響が懸念されたりしていた。

 すでにドアエッジプロテクターは海外製のものが市場に流通されているが「まだ一部の車種にしか搭載されておらず、市場性はあると判断した」(益森祥常務開発本部長)。

 現在は欧州車向けに商品提案をしているほか、日本車メーカーも関心を示しているという。今後は20年の投入に向け、商品に改良を加える。生産は欧州および中国の拠点で展開する予定だ。

半導体製造装置、活況に沸く

 日立製作所は、上場子会社の日立国際電気半導体製造装置部門を投資ファンドに売却する。長年、日立にとって装置事業は選択と集中の対象だった。日立は売却に伴い2018年3月期に600億円の特別利益を計上する。

 半導体製造装置の業界団体、SEMIによる2017年の市場予測は16年予測比9・3%増の434億ドル。マウス卸売り

f:id:jpsupakopi:20170401175037j:plain

この3月まで6カ月連続で需要超過と活況に沸いている。日立は25日に空気圧縮機メーカーの米サルエアーを1300億円超で買収すると発表したばかり。成長に向け積極的に事業資産の入れ替えを進めている。まさに国際電気の売却は絶好のタイミングだったといえる。

 装置メーカー各社の受注も軒並み好調だ。業績を押し上げているのは、3次元(3D)構造のNAND型フラッシュメモリー向けの投資。加えてIoT(モノのインターネット)技術の普及に伴い、旧世代の装置の需要も増している。各社は成長市場に攻勢をかけている。

 「3Dはメモリー以外への広がりも期待できる。活発な投資は当面続くだろう」。SEMIジャパン(東京都千代田区)の中村修代表は明るい見通しを示す。半導体回路の微細化に限界が見えてきたが、一方で記憶素子を積層して容量を増やす3DNANDフラッシュメモリーの需要は拡大している。

 東京エレクトロンは「17年3月期のNAND向け受注額は、前期比2倍に成長する」とみる。キーボードメーカー

f:id:jpsupakopi:20170412150229j:plain

アドバンテストの吉田芳明社長も「大容量化や高品質への要求が高まっており、17年度上期までは好況が見込める」と話す。NAND市場シェア2位の東芝が経営問題を抱えており、その動向が注視されるが「今のところ事業への影響は出ていない」(東京エレクトロン)という。

 加えて成長してきたのがIoT市場だ。直径200ミリメートルウエハーを加工する旧世代の半導体製造装置は、IoTに使うセンサーなどに利用される。現在は「中古装置が枯渇し、各社が何年ぶりかに新製品を投入し始めている」(中村代表)ほどだ。



日本ではよく、不要となった家財を門前に置き、傍らには必要な方は自由にお持ちくださいと書いてある。なぜそんなことをするのだろうか。それは高い処理費がかかるからだ。やり方次第で不要物は宝に変わる。キーボードサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170401015053j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015619j:plain

これは環境保全活動である。中国ではようやく始まったばかりだ。

西瓜が食べられない。日本ではひとつ1万円もする西瓜がある。最盛期でさえ何千円もする。そして中国で最も人気の高い"日本芸人″蒼井そらの中国語ツイートを転載している。「中国で西瓜を買った。美味しかったよ。何と8.6元(135円)素晴らしい!」という内容である。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com