読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

リチウム電池と携帯電話カバー生産製造

売上高4兆円企業への進化はこれから

 この数年で総額1兆円以上をかけてM&A(合併・買収)を実施したキヤノン。今、その効果を着実に生み出そうとしている。自社の技術を生かせる商業印刷機や監視カメラ、医療機器のメーカーを買収しており、互いを深く知ることに力を注ぐ。巨額のM&Aの成否は、携帯電話カバー

f:id:jpsupakopi:20170424234753j:plain

地道なモノづくりに裏打ちされた“キヤノン文化”の浸透がカギを握る。

 最も注目されるのは、2016年12月に約6655億円で買収した東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市)。4月半ばの医療機器展示会では、御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者(CEO)をはじめ、多くのキヤノン幹部が東芝メディカルのブースを訪れた。真栄田雅也社長は「基盤のしっかりした技術だ。数年で大きなシナジーを出せるのではないか」と自信に満ちた笑顔で語った。携帯電話ケース

f:id:jpsupakopi:20170424234800j:plain

特に画像や生産関連の分野での相乗効果に期待を寄せる。

 17年に両社の顔合わせが始まると、東芝メディカルの瀧口登志夫社長は早速、大分キヤノン大分県国東市)へ向かった。完全自動化が可能な最先端のカメラ生産ラインを見るためだ。瀧口社長は御手洗会長と工場を見学した際、その生産技術の高さに驚いた。一方で多品種少量生産東芝メディカルでは同じ事は難しいと言うと、御手洗会長から「やりようがある」iphoneカバー

f:id:jpsupakopi:20170424234800j:plain

とたしなめられた。キヤノンの優れたモノづくり力を通じ、化学反応が起き始めている。

 ここ数年、東芝メディカルは東芝の経営問題に振り回されてきた。この時期、和光純薬工業への買収に向けて入札を検討していたが、見送りを決めた。瀧口社長は「今、やっと前を向ける状態になった」と語る。シナジーの検討を急ぎつつ、キヤノン流のイノベーションを取り入れ、経営基盤を強固にする意向だ。

日産の高性能スポーツブランドである「NISMOロードカー」。2016年8月に発売した価格1870万円の「GT-R NISMO 2017年モデル」は発売から1ヵ月で約400台を受注し、売れ行きが好調だ。

>>「GT-R NISMO 2017年モデル」などNISMOのラインアップを写真でチェック!

そして日産は4月25日、NISMOロードカー事業を拡大することを発表した。

この戦略の基盤となる iphoneカバーメーカー

f:id:jpsupakopi:20170413182223j:plain

f:id:jpsupakopi:20170413182247j:plain

NISMOロードカー」の車種ラインアップ拡充を支えるために、「NISMOロードカー」の企画・開発にかかわる機能を、日産グループの特装車両を手掛けるオーテックジャパン内に設立した。

オーテックジャパンとニスモの社長兼最高経営責任者を兼務する片桐隆夫氏は「NISMO日産自動車のコアバリューをさらに高めるサブ・ブランドであり、日産グループの英知を結集して取り組むことで、バッテリサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170410013033j:plain

いままで以上にお客さまに日産車を楽しんでいただけると確信している」と語った。

入札で劣勢に立たされ巻き返しを図った!?東芝は時間との戦い

  東芝が2万人超の転籍を伴う主要4事業の分社化を決めた。経営体制を抜本的に見直すため組織に大なたを振るい、経営責任の明確化と再建の取り組みを加速する狙いだ。だが再建に向けた重要なハードルであるメモリー事業売却では、提携先である米ウエスタンデジタル(WD)が“契約違反”として待ったをかけた格好。東芝の経営再建は時間との闘いになっている。

 3月末の1次入札に続き、2次入札を準備中。WDは9日付で東芝に意見書を提出。東芝メモリの売却は「合弁契約の極めて重大な違反」と批判した。

 東芝は米サンディスクと2000年からメモリー事業において開発、生産の両面で提携してきた。バッテリメーカー

f:id:jpsupakopi:20170226201614j:plain

16年にWDがサンディスクを買収してからも関係を維持。特に生産面でのつながりは深く、両社が設立した合弁会社四日市工場(三重県四日市市)を運営する。

 東芝側が50・1%、WD側が49・9%を出資する合弁会社は両社のメモリー事業の要。このため東芝、WDどちらか一方の都合だけで持ち分を第三者に移転できない契約だが、東芝メモリの売却に関し、「見解の相違」が生じている模様だ。

 今回の案件では合弁会社の持ち分の移転は2回生じる。1回目は東芝から東芝メモリへの持ち分の移転。電池サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170226195828j:plain

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain

ランキング 合弁契約書には「合弁相手と合意の上で関連会社1社に持ち分を譲渡できる」とある。

 「合弁相手の合意」という規定があるが「不当な理由で合意を保留してはならない」との記載もあり、電池メーカー ランキング 関連会社への移転を基本的に容認する内容ととれる。しかしWDは「正当な理由」を主張し、異議を唱えている可能性がある。

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com