haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ルフィの麦わらように女神シルクハット

大分県の私立・岩田学園 岩田中学校が、授業中に亡くなった男子生徒の保護者に対して卒業式の出席を拒否。帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170416154907j:plain

警察沙汰になるなどし、両親が署名サイトで「卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」とするキャンペーンを行っています。

【本来学校が遺族に取るべき行動】

  複数のメディアによると、2016年5月、体育の授業中に柚野凜太郎さん(当時3年生・14歳)が倒れて死亡。両親が今年3月に行われた卒業式の出席を要望したところ、学校側から参加を拒まれ、警察に通報される騒ぎになったとのこと。

 東京新聞の取材に対し、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170416153803j:plain

学校側は両親の出席を拒んだ理由を「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」と説明した――とされています。

 ねとらぼ編集部が取材したところ、大分県私学振興課が今年1月末から同校に対して、学校事故対応に関する指針に「被害児童生徒等の保護者の意向も確認し、卒業式への参列等も検討する」と書かれていることなどを説明行ったとのこと。しかし学校側は「参列はご遠慮を願う。ブランドハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170412170500j:plain

卒業証書は(凛太郎さんの自宅に)郵送する」と回答していました。

 その後、凛太郎さんの両親から私学振興課に対して「卒業式に出席したい」との相談があり、担当者は複数回に渡って学校側に連絡。卒業式当日の朝まで「両親と話し合いの場を持つように求めた」といいますが、最終的に同校の柳井修校長から「理事長や副理事長などと協議したが、学園としての判断は変わらない」との回答があったと明かしました。

 担当者はこれまでの対応を振り返り、「あくまでも指針には法的な効力がないため、県としてはお願いを続けてきたという状況だった」と話しました。

 しかしこの対応に納得のいかない両親は、change.orgで「息子・凛太郎を卒業式に参加させたい」とする署名活動をスタート。その上で卒業式当日に学校を訪れたところ、学校側が警察に通報し、 ブランド帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170418003455j:plain

卒業式への出席はかないませんでした。

 現在は署名活動のタイトルを「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」へと変更し、真相究明を求める柚野真也さんに現在の心境をうかがいました。

●父が語る亡き息子の卒業式、出席への思い

――卒業席に出席したいと考えたのは、どのような思いからでしょうか

柚野さん:息子にとって最後の卒業式。帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170418002906j:plain

出席できるのは当然だと思っていました。いまだに学校の対応に納得できません。

マリナーズ6-1マーリンズ」(17日、シアトル)

 マーリンズイチロー外野手(43)は「9番・左翼」で出場し、3打数無安打。今季初安打を記録した8日のメッツ戦の後、ハットコピー 出場7試合12打席(代打5試合)でヒットがなく、打率を・067とした。守備では八回にフェンス際でジャンピングキャッチの美技を披露し、メジャー1年目の01年から12年途中までプレーした古巣ファンからイチローコールを浴びた。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com