読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

最も美しいハットコピー通販

浅田真央さんの引退記者会見は約50分間だった。

 「最後の挨拶」では、立ち上がって「発表してからは温かいお言葉をいただいて、晴れやかな気持ちで引退を迎えることができた」と言った後、涙を浮かべて、約30秒間、言葉に詰まった。帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170408031519j:plain

その間、気持ちを落ち着かせようとしたのか、しばらく報道陣に背中を向けたことも。正面に向き直り、「スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で、前に進んでいきたい」と話した。

フィギュアスケート女子の五輪メダリスト・浅田真央(26)が10日、自身のブログを更新し、現役引退を発表した。引退を決意したのは12位に終わった昨年12月25日閉幕の全日本選手権を終えた後だったことを明かし、「それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と打ち明けた。

【写真】「転ぶ」発言にもオトナの対応…浅田真央

 “国民の妹”として、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170329014931j:plain

老若男女から親しまれ、応援された。2014年のソチ五輪では、2020年の東京五輪パラリンピック組織委員会会長を務めていた森喜朗元首相が「あの子は大事な時に必ず転ぶ」と放言し、大問題となった。

 森氏は、帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170329011229j:plain

金メダルを期待されていた真央がショートプログラム(SP)で転倒し、16位となったことを受け、「真央ちゃん、見事にひっくり返りました。あの子、大事なときには必ず転ぶんですね」と酷評を浴びせた。

 続けて、真央の団体戦出場にも「負けると分かっている団体戦に、浅田さんを出して恥をかかせることはなかった。ブランドハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170326223125j:plain

3回転半をできる女性はいないから、成功すれば3位になれるかもとの淡い気持ちで出した。それで、見事にひっくり返ってしまった」とチームの取った作戦まで批判した。

 森氏はその後、ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170324001842j:plain

「言いたいことが伝わっていなかった。反省しないといけない」と述べ、「浅田さんは『最後になるかもしれない』と言っていた。どう花を飾らせてあげるかとみんな思っていた。余計な神経を使わせない方がいいと思った」と釈明していた。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com