haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

全ネット最安値iphoneカバー卸売り

東芝は、2度にわたって延期していた2016年4~12月期決算を、国が認めた期限の11日に発表した。ただ、通常の決算につくはずの監査法人の「適正意見」は得られず、代わりに「意見不表明」という信頼性を欠いた異例のものとなった。経営破綻(はたん)した米原発子会社ウェスチングハウス 携帯カバサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170405233952j:plain

(WH)をめぐる調査で監査法人との溝が埋まらなかった。

【写真】今後のハードルは…

 東芝を担当するPwCあらた監査法人は、携帯ケースサプライヤー 

f:id:jpsupakopi:20170406020029j:plain

原発事業の損失を小さくみせようとして、WHの経営幹部が「不適切な圧力」を部下にかけたことを問題視。損失を経営陣が早くから認識していた可能性も調べていた。

 だが、詳しい調査の必要性を訴えるPwCに対して、東芝の綱川智社長は11日夕方の記者会見で「これ以上調査を続けても意味がない」と突き放した。PwCは報告書のなかで「調査結果を評価できておらず、iphoneカバーサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170408035115j:plain

財務諸表に修正が必要か否か判断できなかった」とした。

 「意見不表明」は十分な監査の証拠が手に入らない場合に監査法人が出す見解で、大手上場企業ではきわめて異例だ。綱川社長は「適正意見のめどが立たないことから、これ以上、ステークホルダー(利害関係者)に迷惑をかけられない」と話した。

米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する中国の報復で訪韓中国人客が激減する中、韓国では航空会社や観光地があれやこれやと対応に追われている。アシアナ航空が日本や東南アジア路線のテコ入れ方針を打ち出せば、南部の観光地、済州島では外国人向けサービスの拡充に取り組む。一方で問題の長期化を懸念し、年内にソウル市内でオープン予定の免税店を先送りすべきだという声も上がる。そして、ここにきて「中国人観光客の空席は韓国人観光客で埋める」という破れかぶれの“自虐論”も出始めた。iphoneカバーメーカー

f:id:jpsupakopi:20170407035619j:plain

国内旅行の活性化が危機突破の解決策だという考え方だ。果たして中国への依存体質を脱却できるだろうか。

 韓国の航空各社による中国路線の減便の動きが止まらない。THAADの在韓米軍への配備に対する報復措置として中国が自国の旅行会社に韓国旅行商品の取り扱いを中止するよう指示したことなどから需要が落ち込んだことを受けての措置である。聯合ニュース(日本語電子版)によれば、iphoneカバー卸売り

f:id:jpsupakopi:20170320184050j:plain

アシアナ航空は中国側の報復の打撃を最小限に抑えるため日本と東南アジア路線を集中的に攻略する方針を固めたという。同社は4~6月の運航スケジュール変更に合わせて中国路線の座席数を弾力的に調整する半面、新規需要の創出のため日本・東南アジア路線の供給を増やすとしている。

 具体的には、この期間、中国路線は運航便数を縮小し、投入機材を小型のものに変更し座席数を減らす。一方で東京や大阪、名古屋など日本の主要路線と、ホーチミンハノイなど東南アジアの人気観光路線は既存の小型機に代わり中大型機のA330、B767、B747などを投入して座席数を拡大するという。同社の関係者は聯合ニュースの取材に対し「訪韓中国人観光客数が急減し、韓国の観光業界が苦境に立っている」とした上で、「被害を最小化するよう持続的な対策を講じていく」と話している。

 一方で聯合ニュースによれば、韓国南部の観光地、済州島への影響はそれほど大きくないようだ。韓国人が多く訪れる上、バッテリサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170401205800j:plain

観光業界も中国人頼みではなく、すでに日本や東南アジアなどからの観光客誘致に取り組み始めているためだと指摘する。済州島を管轄する済州道の観光協会のまとめによると、3月1日から4月3日までに同島を訪れた観光客は125万1273人(速報値)で、前年同期に比べ3・9%減少した。このうち外国人は11万8410人で56・4%減。中でも中国人は3月15日までが6万1477人で前年同期比36・6%減、中国で韓国観光商品の販売が全面的に中断された同16日以降は84・5%減とさらに落ち込んだ。

 これに対し、3月1日から4月3日まで済州島を訪れた日本人観光客は4138人で、前年同期比8・3%増加し、東南アジアなどその他の国・地域からの観光客も3万3805人と7・4%増えたという。済州道は外国人の観光活性化に向けて、4月に観光宿泊業や観光施設、土産物店、ゴルフ場、観光客向け飲食店など約630業者が参加するセールを実施。最大で65%割り引くとしている。さらに中長期的には日本や東南アジア諸国とのアクセスをさらに充実させ、インターネット上での予約システム構築などにも取り組むという。

経営再建中の東芝が11日、バッテリメーカー

f:id:jpsupakopi:20170401205301j:plain

監査法人の了承を得ずに四半期報告書を金融庁に提出したことについて、東京証券取引所は12日以降、経緯や妥当性を厳しく調べる方針だ

米シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行のユナイテッド航空3411便で、アジア系の男性乗客が航空治安当局に無理やり引きずり降ろされた問題について、同航空の最高経営責任者(CEO)が社内にあてたメールで、男性が「騒いでけんか腰だった」、乗務員は「定められた手続きに沿って行動した」などと書いていたことが明らかになった。

AP通信によると、米メディアが入手した社内向けのメールでオスカー・ムニョスCEOは、「何が起きたか見て聞いて、残念に思う」と書くと共に、「従業員たちはこのような事態に対応するための、決められた手続きに沿って行動した」と評価。

「このような事態になったことは深く遺憾に思うが、私は皆さん全員をとことん応援している。私たちが正しく運航を続けるため、皆さんが常に求められている以上の働きをしていることを称えたい」とCEOは書いた。

ムニョス氏はさらに、電池サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170410013033j:plain

9日夜の3411便で男性乗客が自主的に降りることを拒否したため、乗務員は「顧客をフライトから降りさせるには、シカゴ航空治安当局の係官を呼ぶしか、残された選択肢はなかった」と書いた。

しかし、ユナイテッド航空の対応が激しく非難されているなかでのメールとあって、ツイッターではムニョス氏が世論を読み違えていると批判する声もある。

ムニョス氏は先月、広報業界誌「PRウィーク」に2017年の「米国一優れたコミュニケーター(伝達者)」に選ばれたばかり。

社員への手紙とは別に、ムニョスCEOは声明を発表し、「ユナイテッドの全員が困惑し動揺しています。乗客を振り替えなくてはならなかったことを謝罪します」、「喫緊に当局と協力し、事実関係を詳細に調査する」と表明した。

ムニョスCEOはさらに声明で、電池メーカー ランキング 「この乗客と直接話をして、問題に引き続き対応して解決するため、男性に連絡をとっている」と書いた。しかし広報担当は、実際に男性に連絡をとったかどうか確認できないと話した。

ユナイテッド航空に呼ばれて男性を引きずりおろした航空治安当局の係官3人のうち、シカゴ航空局は1人について「停職扱い」にしたと発表。係官の行動は「もちろん、航空局が容認するものではない」と表明したほか、「我々の通常手続きの基準に見合っていない」ため、事実関係を調査すると述べた。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com