読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

一番魅力があるハットコピー登場

サッカー元日本代表FWの三浦知良選手(横浜FC)。今季のJリーグ2部(J2)が開幕した2月26日に50歳の誕生日を先発で迎え、3月12日のザスパクサツ群馬戦では自身のJリーグ最年長記録を塗り替えるゴールを挙げた。ヴィッセル神戸で過ごした4年半を経て、帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170408031519j:plain

プロ32年目の2017年も最前線を走り続ける“キング・カズ”。現役を続ける理由や、今も足を運ぶ神戸への思いを聞いた。(小川康介)

【写真】練習に励む三浦知良選手


 -初の50歳Jリーガーとして大きな注目を集めている。

 「おばあちゃんから若い人まで、サッカーを知らない人にも『誕生日おめでとうございます』と祝福された。スポーツ選手としてはなかなかないことで、ありがたい。海外でもニュースになったけど、どう見られているんだろうね。サッカーをしている人なら、現役を続けることがいかに大変か分かってもらえると思う」

 -なぜ現役を続けるのか。

 「なんでやめないの? って思っている人も多いらしいね。すがりついているわけでも、つらくてやっているわけでもない。みんなとグラウンドに出るのが本当に楽しいし、僕を必要としてくれるチームがあって、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170401210115j:plain

自分の意欲もあるわけだから。サッカーが好きだってことは変わらないんですよ。現役選手として飯が食えて、こんなに幸せなことはない。続けられるものなら、ずっと続けたい」

 -「引退」が、すぐ背後に潜んでいる感覚はあるのか。

 「ありますよ、常に。体も部分的には本当に衰えている。50代といえば、適度な運動をしなさいという年代。それなのにこんなに追い込んで大丈夫かなと思うこともある。他の選手が6、7割でできる練習メニューでも、僕は全力。疲労度が違うし、回復も遅い。神戸から横浜に移籍したとき、あと2、3年で引退だろうと思っていた。あれからもう12年だもんね」

MFとは思えない得点力

 リヴァプールで活躍したスティーブン・ジェラードチェルシーフランク・ランパードマンチェスター・ユナイテッドデイビッド・ベッカムポール・スコールズ。彼らはイングランドと世界を代表する名MFであり、当時のイングランド代表は黄金世代とも言われていた。

アーセナルの”トップ4入り”は不可能に近い?

それに比べると今のイングランド代表の中盤は地味に映るかもしれないが、トッテナムMFデル・アリは別だろう。ブランドコピー 

f:id:jpsupakopi:20170329014931j:plain

 アリはトッテナムで絶対的な地位を確立しており、ハリー・ケインとともにチームを引っ張っている。8日のワトフォード戦では美しいカーブのかかったシュートを決め、チームの勝利に貢献。今季は形に捉われず様々なスタイルからゴールを奪えることを証明しており、リーグ戦では16得点を記録。その評価はどんどん上がっている。

英『sky SPORTS』も、アリがジェラードやランパードを超える選手になるのではないかと期待をかけている。アリはワトフォード戦の得点で、プレミアリーグ通算26点目となった。帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170327215656j:plain

アシストは通算14となっているため、合わせるとちょうど40点に関わっていることになる。しかしアリはまだ20歳の選手だ。11日には21歳の誕生日を迎えるが、ジェラードやランパードも20歳の時点では40点まで到達していない。

ジェラードは13点、ランパードは15点、ベッカムは12点となっており、アリとは大きな差がある。得点やアシストの数だけで優劣をつけることはできないが、アリがそれだけ高い能力を持った選手なのは確かだ。ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170329012327j:plain

同メディアもU-21の世代では最高の選手ではないかと称えており、アリは一気にワールドクラスの選手へと成長を遂げている。当時の黄金世代の中でもアリならば割って入ることができた可能性もあり、イングランドに新世代を引っ張る最強の若手MFが誕生した。

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com