haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子タバコ卸売り

沖縄県警は米軍基地に反対する抗議集会中に基地内へ侵入したり、警察官にけがを負わせたなどとして逮捕した男女3人を7日、電子タバコサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

刑事特別法違反や公務執行妨害などの容疑で那覇地検に送致した。地検は勾留請求をせず、3人は同日夜、処分保留で釈放された。今後、在宅で捜査を続けるとみられる。

 ■「適正に制圧」と警察

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain



 女性2人が釈放された沖縄署では市民ら約50人が花束を手に出迎えた。

 公務執行妨害と傷害容疑で逮捕された女性(65)は、逮捕時に警察官が女性の首に腕を回し、締め付けるように押さえ込んでいる姿を市民が撮影していた。

 女性は 電子タバコメーカー

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain

「押さえ付けられた恐怖と怒りで首を絞められたかは覚えてない。とっさにかんでしまったが暴力はいけないとすぐに口を開けた。今後は非暴力の抗議に徹したい」と語った。

 市民からは強圧的な手段に反発の声が上がったが、県警は「被疑者を適正に制圧しており、正当な逮捕行為」とコメントした。

 ■軍警備員が独断で…

 刑特法容疑で逮捕された女性(71)は基地との境界を示すイエローラインを越えたとして米軍警備員が身柄を拘束。「ラインは数センチ越えただけ。権力の横暴で、抗議の声は弱めてはいけない」と訴えた。

 普天間飛行場ゲート前でラインを越えたとして逮捕された男性(84)も同日夕以降、宜野湾署で釈放された。マウスサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170401175037j:plain

三宅俊司弁護士は「日本側では逮捕に至らないわずかなライン越えを軍警備員が独断で身柄を拘束している。不当な逮捕で、日本の司法手続きを踏まえていない」と憤った。

速度違反の取り締まりを強化して交通事故を減らそうと、県警は新型の速度測定機の年内導入を目指している。持ち運びができる比較的コンパクトな従来型の測定機に撮影機能を付加。事後捜査ができる上、取り締まり時の省スペース化が図れる。場所を選ばない取り締まりが可能となり、県警は「幅員の狭い生活道路などで積極的に取り締まり、速度抑制を促したい」としている。

 県警交通指導課によると、県警が現在利用している測定器は、大別すると定置式(レーダー式、光電式)と固定式(オービス)の2種類。定置式は持ち運びができ、さまざまな場所で取り締まれるが、撮影機能がないため違反車両を現場で停止させなければならず、路肩などに一定のスペースが必要となる。

 一方の固定式は、キーボードサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170410005154j:plain

違反車両を自動撮影して事後捜査で違反者を特定するため、違反車両を停止させるスペースは不要。だが、場所を変えて取り締まるなど臨機応変な対応は不可能だ。

 新型の測定機は、双方のデメリットを克服。コンパクトで持ち運びができる上、撮影機能が付く。事後捜査ができ、キーボードメーカー

f:id:jpsupakopi:20170401015325j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015619j:plain

生活道路のような幅の狭い道路でも取り締まりが可能だ。

 県警交通総務課によると、幅員が5・5メートル未満のいわゆる生活道路での事故発生件数は過去5年間(2012~16年)、全体の約23~25%を占める。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com