haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

一番安いキーボード卸売りサプライヤー

中日が逆転負け。森繁和新監督(62)の初白星はお預けで、2015年以来2年ぶり、2リーグ分立後5度目の開幕3連敗を喫した。

【写真】4回無死、左越えに来日1号となるソロ本塁打を放ったゲレーロ

 新外国人のアレックス・ゲレーロ内野手 電子タバコサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain

(30)は4回に来日1号ソロを放ったが、記録に表れない守備のミスも連発して、大量失点の原因を作った。

 同点の6回。先頭・坂本の打球は高いバウンドのゴロ。遊撃・京田は正面で捕球体勢に入っていたが、三塁のゲレーロがカット。そこから体勢を立て直そうと何度かステップを踏んだことで、キーボードサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170401015053j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015325j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015619j:plain

一塁への送球が間に合わず、内野安打にしてしまった。「坂本の足が速いので(京田より早く捕球しようと)カットした。アウトだと思ったけど審判の判断は尊重しないと」。先発・吉見が続く阿部、マギーと計3連打を浴びて決勝点を献上した。

 さらに、2―5と点差が開き、携帯充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192324j:plain

なおも1死一、三塁で、再びゲレーロの守備が傷口を広げた。打席の大竹寛は最初からバントの構え。吉見が投球モーションに入る前からゲレーロが前のめりな前進守備を見せたことによって、三塁走者・亀井に大きなリードを許すことになった。初球ファウルのあと、大竹寛が2球目をフェアグラウンドに転がした。捕手の木下拓が捕球して、一塁カバーの荒木へ送球しようと体勢を変えた瞬間に、亀井が本塁へスタート。悠々と生還を許した。

 その時、ゲレーロは打球へチャージをかけた状態のまま、本塁のバックアップへと猛進していった。したがって三塁はガラ空きで、亀井をクギづけにすることができなかった。セオリーとしては、捕手が捕球することが分かった瞬間に三塁へ戻るべき。奈良原内野守備走塁コーチは「戻らないとね。 車載充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192319j:plain

三塁に戻るのがベストチョイス」と厳しい表情。森脇内野守備走塁コーチも「2つのチョイスがあった。三塁手が素早く戻るか、遊撃手が三塁をカバーするか。きょうに関しては中途半端になってしまった」とゲレーロに反省を促していた。

ヘルシンキで開催されたフィギュアスケート世界選手権で羽生結弦(22、ANA)が、フリーで自らが持つ世界記録を更新する高得点をマークして、3大会ぶり2度目となる逆転優勝を決めたが、世界のメディアもさっそく反応。ニューヨークタイムズが、羽生に焦点を合わせた記事を掲載、「目もくらむような眩惑的なフリースケートが羽生を優勝へと引き上げた」という見出しで報じた。

「ピーク時から2年以上がたっている羽生だが、若く、しなやかな日本のスターは、土曜日のフリープログラムの始めから終わりまで、彼であった」

 同紙のクラレ記者は「羽生は時に舞い上がり、時にはとどまり、最初の4回転ループを決めた。そして、彼のスタイルでもって、彼の多くのシリアスで難しいプログラムをうまく操縦した」と表現した。

 そして、ブライアン・オーサー氏とともに羽生をコーチしているトレイシー・ウィルソン氏の「今日のユズは、別のレベルにあった。そこは到達しようと思ってできるものではない。トレーニングをして、マウスサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain

あとはそこに到達できるように希望を持つことだけ」と、いうようなコメントを掲載した。

 記事では、今季途中で羽生が4回転ループに挑戦し、その4回転ループも含めた4つの4回転を組みこむフリーの難しいプログラムに当初、ウィルソンコーチが反対していたという事実を明らかにした。
 
「何かが取られそうになったとき、それがモチベーションとなる。彼は19歳でオリンピックのチャンピオンになり、そこから落ちないようにすることを学ばなければいけなかった。彼は注目に値すべく、素晴らしくそのことを学んできた。4回転ループと4度の4回転を加えるとき、我々は彼に聞きました。“あなたには本当にこれが必要なのか”と。4回転ループと3度の4回転ではいけないのか?と」

 ウィルソンコーチはが、そう投げかけると、羽生は拒絶したという。
「彼の答えはこうでした。“このスポーツを押し進めたい。自分自身をもっと高めたい”と」 

 コーチ陣からすれば、やはりミスを冒すリスクを減らしたい、しかし、羽生にそういうネガティブな発想はなかった。今季のシーズンの最後を逆転優勝で飾った裏には、こんなチーム内の葛藤があったのだ。

 その背景には、アメリカのネイサン・チェンや宇野昌磨らの若いスケーターが台頭がある。

ソチ五輪で金メダルを獲ったときには19歳だった羽生は、22歳で再びトップに戻ってきた。来年は韓国平昌でのオリンピックを控えている。羽生は、過去の2大会においてフェルナンデスに破れた後、若いスケーターによる新しい波が来ており、技術のレベルが上がってきているのを見た。羽生は、今シーズン、喜んで新しい挑戦をすることを決意した。4回転ループを成功させた初めてのスケーターになったのだ」

日本ハム3―1西武(1日・札幌ドーム)

 日本ハム・大谷が今季初の猛打賞でチームの初勝利に貢献したものの、栗山監督から大目玉を食らった。初回2死の第1打席、二塁内野安打で一塁へ禁じられている全力疾走を敢行。さらに痛めている右足でベースを踏んで駆け抜け、指揮官からダメ出しを食らった。2戦計8打数5安打と開幕から早くも打棒は全開だが、今後はさらに厳しく走塁を制限されることになる。

【写真】内野安打でも豪快な大谷のバッティングフォーム

 大谷の“ルール違反”に、ベンチにいた栗山監督の表情が一気に曇った。初回2死、二塁ベース寄りのゴロに背番号11が必死にダッシュ。さらに、痛みが残る右足で一塁を踏み、駆け抜けた。大谷は「とっさに出ちゃいましたけど、なるべく左足で踏みたい。公式戦では難しいけどやらなきゃいけない」。頭では分かっていたが、セーフになりたい本能が上回ってしまった。

 今回、右足首痛が悪化することはなかった。しかし患部は昨年の日本シリーズに同じ一塁を踏んだ際に痛めたもので、最も危険性が高いプレーだった。シーズン前、再発防止のため首脳陣、そして球団からも、全力疾走と右足でベースを踏むことを禁じられていた。それだけに指揮官は猛打賞で本来なら褒められるべき背番号11を厳重注意。「明日説教する! 足が折れてでもセーフになろうとする選手。それを分かってルール作りをしている。それが分からないんだったら試合に出さない! 本当に怒っている」とまくしたてた。チームの初白星もあり笑顔ではあったが、目は真剣だった。

 厳しく言われるのは打撃で今、離脱が許されない立場だからだ。3回1死の第2打席では野上の直球を左翼フェンス最上部までライナーで飛ばした。あと少しで今季1号の当たりだったが「あそこまで飛んでくれてよかったです」。開幕2戦で8打数5安打、打率6割2分5厘。打点こそないが打線の中心に君臨している。

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com