haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

魅力をアピールハット通販

川崎選手が帰国の途につく機上の人になった後、数人の選手たちに報告メッセージを送ったところ、そのすべての反応がこのような惜別の言葉ばかりだった

青森県蓬田村出身の小川護央(もりおう)さん(20)は3月21日、胸を張って母校・青森山田高校の教壇に立った。帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170329014746j:plain

「受験勉強の基本は継続と反復」。今春、同校から初めて東京大学入試を突破した合格者は報告会で、地道に取り組む姿勢を強調した。
 小川さんの助言をメモするなどして聞き入る青森山田中学・高校の後輩ら。東大合格の快挙を成し遂げた先輩が中学時代に不登校を経験し、県立高校受験に2度も失敗したとは思いも寄らなかった。
 蓬田中学校に入学して間もなくの頃だった。小川さんは授業で担当教諭の説明に相づちを打っていると、「先生にこびている」と親友に言われた。時折、心ない言葉を吐き、攻撃的な態度も取る一方、ふとした優しさを見せる親友との関係に、傷つくというより困惑した。
 クラス会長として小学校から同じ顔触れの級友をまとめられず、「何もできないやつ」との言葉も胸に突き刺さった。ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170329012327j:plain

「自分の無力さ、ふがいなさを感じてしまった」。それでも周囲に弱い自分を見せたくない思いで踏ん張った。
 地区中学総体が終わった6月から、1年生の小川さんは心身に異変を感じ始めた。なかなか寝付けず、朝、起きられない。歩くと急に脚の力が抜ける。母の車で送迎してもらった。夏休みがもう少しで始まろうとする頃、車から降りて校舎に向かおうにも体に力が入らない。視界は紫色になり、何も見えなくなった。この日を境に学校から足が遠のいた。
 2年生の時から母の勧めで、公的機関のカウンセリングを受けた。当初、学校の生徒玄関で担任教諭らに顔を見せて帰るだけだったが、秋ごろには保健室で過ごせるようになった。3年生の1学期は教室で授業を受け、野球部にも参加できるまで復調した。
 2012年3月、帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170327215656j:plain

最初の高校受験は青森東高校に挑んだ。学習不足は否めず、結果は不合格。高校浪人が決まったが「学校に行かなければ」という切迫感から解放され、気が楽になった。カウンセリングを重ねるごとに、自身の心身の状態に波があることを自覚。心が穏やかでいられなくても、自分を客観視できるようになったことで、どこか気持ちに余裕を持てるようになった。
 2度目の高校受験に向かって8月末から勉強を始め、中学1年の英語の基礎から学び直した。青森高校を受けたが、惜しくも合格点に届かず、青森山田高校に進学した。
 「勉強で成績を残すことが自己表現」。青森山田高校では授業内容を自分のものにできるよう熱心にペンを走らせた。成績は右肩上がりで2年生の時に東京大学を志望。3年生で受けた東大入試は合格に12点ほど足りなかった。再挑戦するため東京都内の大手予備校に通い、ブランドハット

f:id:jpsupakopi:20170327210142j:plain

1日10時間の受験勉強で全教科の実力を底上げした。2月の東大入試が終わった時点で合格を確信するほどだった。
 3月10日の合格発表には、本郷キャンパスを一人で訪れた。掲示板に自身の受験番号を確認した瞬間、両親、予備校のスタッフ、山田高校の先生たちの顔が次々と浮かんだ。「合格するために何が足りないのか自己分析を徹底したのが良かった」と静かに喜びをかみしめた。
 高校・大学合わせて4度の受験を経て、東大合格をつかみ取った。「受験に関して失敗続きの人生だったので、反省した内容を改善していくために、自分の立ち位置を客観視するよう心掛けた」。そう振り返る表情に曇りはなかった。
 その背景にあるのは不登校を克服した経験。「苦しんだ経験がいつかは報われ、何かに生かされると思っていた」。心に栄養を蓄えられたからこそ勝ち抜けた。遠回りではなかった。

巨人・坂本勇人の頭脳的なプレーに里崎智也氏が絶賛した。

 4回無死一塁で中日・ビシエドが放った打球は遊撃・坂本へ高くあがった。坂本は打者走者のビシエドが全力疾走していないのを見て、ワンバウンドで捕球し二塁・中井大介へトスしフォースアウト。二塁・中井は一塁へ送球しダブルプレーを完成させた。

 この頭脳プレーに里崎氏は ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170327211753j:plain

「開幕戦から素晴らしいプレーがでました。1年に1回見られるかどうかのプレーですね」と坂本の守備を高く評価した。

 試合後、高橋由伸監督も「落ち着いて回りも見えて、思い切ったプレーをしてくれた」と主将のプレーに納得した様子だった。

俳優の梅宮辰夫(79)と娘の梅宮アンナ(44)が、1日に日本テレビ系で放送されたバラエティー「メレンゲの気持ち 家族SP」(土曜・正午)に出演。がん闘病や家族の近況について語った。

【写真】娘がアンナの再婚相手に勧めた「我が家」の坪倉由幸

 昨年7月に十二指腸乳頭部がんの手術を受け、11月に復帰した辰夫は、「順調」と健康ぶりをアピール。それまでも内視鏡でがんを取ったことはあり、「年を考えたら当然。(間もなく)80(歳)なんだから」と特別なことではないとしたが、医師からは長時間の手術に体力が持つか五分五分だと言われたそうで、アンナは「手術室に入るときに、これが最後かもと思った」と、覚悟したと振り返った。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com