読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品激安通販

2001年9月11日に発生した米同時多発攻撃の現場の一つとなった米国防総省を写した写真27枚が今週、米連邦捜査局(FBI)によって初公開された。崩れ落ちた壁や燃え盛る炎、建物外に散乱した内装など、電子タバコサプライヤー 事件当日に緊急対応要員らが直面した壮絶な現場が写されている。

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain


【写真25枚】公開された壮絶な現場の写真

 事件では、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)によって計4機の旅客機がハイジャックされ、国防総省やニューヨーク(New York)の世界貿易センター(World Trade Center)などに突入して計3000人近くが死亡。同省ではアメリカン航空(American Airlines)77便に搭乗していた犯人5人を含む乗客乗員64人全員と地上にいた125人の計189人が死亡した

 長時間労働や働き方改革のニュースが増えています。男性中心のメディアを眺めると、「男性の育児参加が進まないのは長時間労働のせいだ」という論調がみられますが、男性は本当に育児をする暇もないほど忙しいのでしょうか。藤田結子・明治大教授(社会学)が家事・育児に対する男性の深層意識を探ります。

 共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が1日付紙面で、1989年以来、28年ぶりに元号表記を復活させた。キーボードサプライヤー 天皇制と関係が深い元号を国民に強制すべきではないとの立場だったが、

f:id:jpsupakopi:20170401014959j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015325j:plain

f:id:jpsupakopi:20170401015619j:plain

「西暦を平成に換算するのが煩わしい」という読者の声が増え、柔軟路線に転じた

ヤマト運輸(東京)の長野県内の営業所で、従業員の男性=当時(46)=が上司に暴行や暴言などのパワハラを受け自殺したとして、男性の妻ら遺族が、同社と当時の上司に計約9500万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁に起こした。遺族側代理人の鏡味聖善(かがみ・まさよし)弁護士が31日、長野市内で記者会見を開き、発表した。

 鏡味弁護士によると、男性は平成元年に入社。県内の営業所でドライバーとして勤務を始め、同15年に同営業所のセンター長に就任した。その後、23年に被告が男性に代わってセンター長に着任し、24年秋ごろから暴言や暴力がなされたという。男性は「いつか殺されるかも」などと周囲に話していたといい、26年9月ごろに鬱病を発症したとみられる。27年1月に自殺した。

 男性が残した録音には、被告である当時の上司が「半身不随にでもしてやろうか」「その場で叩き殺すぞ」携帯充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192324j:plain

「組合でも何でも泣きつけ」などと暴言を浴びせる音声が記録されていたという。

 遺族は27年8月に労働基準監督署に労災を申請し、昨年3月に認定された。遺族側は労災給付では不十分として今年2月28日付で提訴した。録音のほか、暴行された傷跡を撮影した写真や医師による診断書が証拠として地裁に提出された。

 鏡味弁護士は記者会見で「当時の上司が行ったことが不法行為であることは明らかだ。社会を支える重要な企業で、過重労働以外にパワハラなどの悪質な労働環境があることを知ってもらいたい。同じことが二度と起こらないようにしたい」と述べた。

 第1回口頭弁論は4月28日に長野地裁で行われる。裁判では、暴言や暴力といったパワーハラスメントの事実、車載充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192319j:plain

内容の程度、病気や自殺との

 東京都八王子市で3月9日、生後10カ月の女児が祖父母宅で飼い犬のゴールデンレトリバーにかまれ、亡くなった。忍耐強く、介助犬や警察犬としても活躍する人気犬種。今回の犬もほえたり、かみついたりしたことがほとんどなかったといい、女児が何度も訪れていたなじみの家での突然の悲劇だった。大型犬を室内で放し飼いにする家庭は多く、専門家は「かみつき事故は決して少なくなく、犬に絶対安全はない」と注意を促している。

 警視庁南大沢署によると事故は同日夕、1階のリビングで起きた。保育園で発熱し、祖父母が連れ帰った女児がハイハイしていたところ、体重約37キロの雄のゴールデンレトリバー(4歳)が突然、横から頭部付近にかみついた。女児は約2時間後、搬送先の病院で亡くなった。失血死とみられる。室内のケージから放されていた犬は、祖母が「だめ」と怒るとすぐ女児を放し、おとなしくなった。犬は3年以上前から飼われていた。

 環境省などによると、犬が人をかむ事故全体の件数は2015年度の4373件など近年4000件台で推移するが、飼い主や家族が死亡する事例は09年度の2人以来という。

 闘犬用に品種改良された土佐犬などについては、おりの中で飼うなどの規制を設ける地域もある。だが、狩猟時の獲物回収を目的に誕生したゴールデンレトリバーは「頭脳明晰(めいせき)で忍耐強く明朗温和」とされ、事故に驚きが広がった。

 なぜ事故が起きたのか。マウスサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170401175037j:plain

藪田慎司・帝京科学大教授(動物行動学)によると、ゴールデンレトリバーは物をくわえて運ぶ行動傾向が強い犬種で、単純に動くものをくわえ、持ってこようとした可能性があるという。藪田教授は「怒りや不快、獲物を捕るための攻撃ではなく、おもちゃのボールや落ちたタオルを取るのと同じ行動だったとも考えられる」と説明する。

f:id:jpsupakopi:20170313194107j:plain


 一方、オールドッグセンター付属日本訓練士養成学校の藤井聡教頭は、犬がストレスを抱えていた可能性を指摘する。藤井教頭は「何度か家に来ても、同居していない乳児は外部から来た存在。可愛がる祖父母に対し、欲求不満を感じた恐れもある」と話す。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com