haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ブランドと同項ハット通販

サイバーエージェントは3月31日、フリーペーパーとWebサイト「R25」を運営してきたMedia Shakersの全株式をリクルートホールディングスから5月1日付けで譲り受けることで合意したと発表した。帽子通販  Media Shakersのノウハウを活用したWebメディアを、2017年夏までに創刊する予定だ

f:id:jpsupakopi:20170329012758j:plain

シャープの戴正呉社長は31日、国内全社員に1人あたり3千円を支給した。鴻海精密工業の傘下入り後、初の年度末を迎え、国内で構造改革にめどがついたことに対する「感謝のしるし」という。

 対象は国内の約1万9千人で総額は約6千万円。31日に社員に向けたメッセージでは「職場の仲間との親睦会やご家族へのねぎらいの費用の一部として活用していただきたい」とした。鴻海では、社員に金一封を配る習慣があるという。

西日本高速道路などは31日、運営する名神高速道路と、阪神高速道路京都線(京都高速)の油小路線を直結する「京都南ジャンクション(JCT)」(仮称)を新設する方針を明らかにした。京都市中心部と高速道のアクセス向上に向け、油小路線が阪神高速から移管される2019年度に着工、28年度の完成を目指す。総事業費は約302億円を見込み、同社が全額を負担する。
 京都南JCTは、名神京都南インターチェンジ(IC)の東約500メートルで、両高速が交差する地点に設置される。名神高速とは、名神以北の油小路線との往来に限って接続する。名神以南の油小路線とは行き来できない。
 高速道による市中心部へのアクセスが良くなるため、1日平均約4万2千台ある京都南ICの利用が分散し、「南ICと市中心部との間の一般道の渋滞解消に役立つ」(西日本高速)とする。
 国による高速道路料金と運営体制の見直しに伴い、京都高速では、油小路線(鴨川西-第二京阪接続部、7・3キロ)が西日本高速に移管される。「新十条通」(山科-鴨川東、2・8キロ)は19年度に京都市へ移管・無料化される。
 また、国土交通省は同日、ハット通販

f:id:jpsupakopi:20170329014931j:plain

市内の堀川通で渋滞解消策を検討する交通円滑化調査に17年度から着手すると発表した。事業費は未定。国道1号と堀川通が並行する五条-九条通間を中心に、京都駅周辺で慢性化している渋滞や周辺道路の状況をつかみ、対策を検討する。

日銀は31日、4月の長期国債の買い入れ運営方針を公表し、需給が逼迫している中期ゾーンの買い入れを、さらに減額していく姿勢を示した。足元では、日銀が年間約80兆円をめどとしている国債保有残高の増加ペースから下振れることが確実な情勢だ。

市場の一部では「80兆円めど」の表記を声明から日銀が近く削除するのではないかとの思惑もあるが、ブランドハット

f:id:jpsupakopi:20170327215656j:plain

f:id:jpsupakopi:20170329011703j:plain

日銀は市場動向を見極めながら、慎重に対応していく考えとみられる。

<中期ゾーンの需給逼迫に対応>

4月の運営方針では、残存期間「1年超3年以下」の1回あたりの買い入れ額を2000─3000億円程度とし、3月の3000─4000億円程度から、レンジを1000億円切り下げた。

同ゾーンの直近の買い入れ額は1回3000億円とレンジの下限まで減額されたいたが、さらに減らしていく姿勢を鮮明にした格好だ。

同様に「3年超5年以下」も3000─4000億円程度とし、3月の3500─4500億円程度から500億円切り下げられた。

それ以外の年限の買い入れ額や、中期ゾーンを含めた買い入れ回数について変化はなかった。

日銀は短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度の目標に誘導するイールドカーブ・コントロール(YCC)政策を実施しているが、2年債利回りが足元でマイナス0.2%程度で推移するなど中期ゾーンの金利短期金利を下回る歪な状況にある。

従来のペースで買い入れを進めれば、発行対比でも買い入れ規模が大きく、需給が逼迫している中期ゾーンの金利が一段と低下し、帽子コピー

f:id:jpsupakopi:20170327213011j:plain

日銀が目指す「金融市場調節方針と整合的なイールドカーブ」から乖離することを警戒したとみられる。

国債買い入れ、年間80兆円ペースから下振れ>

4月の買い入れペースを今後も維持した場合、日銀が国債残高の増加のめどとしている「年間約80兆円」から下振れることは確実。

みずほ証券の推計によると、3月末に日銀が保有する国債残高は、前年同月に比べて約70兆円(額面)の増加にとどまったもようで、今回の中期ゾーンの減額によってさらに下振れる可能性が大きい。

このため市場の一部では、近く日銀が増加ペースに関する文言を声明から削除してくるのではないか、との思惑も浮上しているが、日銀は慎重に対応する構え。

2月は長期金利の上昇を受け、ハットコピー

f:id:jpsupakopi:20170324001842j:plain

固定利回りで無制限に買い入れる「指し値オペ」に踏み切ったこともあり、月間の国債買い入れ額が過去2番目の高水準となる10兆円超に膨らんだばかり。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com