haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品・周辺機器・アクセサリー

 栃木県那須町のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」付近で雪崩が発生し、巻き込まれた県立大田原高山岳部の男子生徒7人と男性教員1人が死亡した事故で、同部OBであるお笑いコンビU字工事益子卓郎(38)が「残念で残念で言葉もありません…」と悲しみに暮れた。

f:id:jpsupakopi:20170213180440j:plain

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain

きょう発売の『FLASH』で、キーボードサプライヤーお笑いトリオ・東京03豊本明長(41)との交際が報じられた女優の濱松恵(34)が同日、自身のブログを更新。記事内容を認めたうえで、LINEの画像が流出したことにショックを受けたことを明かした。

■東京03のプロフィール

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain


 記事によると、電子タバコサプライヤー 豊本と濱松は昨年11月に知人の紹介で知り合い交際に発展。しかし豊本は女子プロレスラーミス・モンゴルこと上林愛貴(40)と婚約中であることから「二股交際」に。豊本と濱松は同誌の直撃取材を受けたが、関係について明言しなかった。

 記事を受けて濱松は「誌面やネットで書かれている通り事実なので反論のしようがない」と全面的に肯定。自身を「元々、携帯充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192319j:plain

恋愛体質という性格」と認めたが、LINEのやり取りの画像が流出したことについて「信頼していた友人に裏切られたのが今回の報道で1番ショックでした」と心境をつづった。

 LINEの内容については「ただ、男女ならこういう会話って時にはする事あるんじゃないかなと思います」と持論を述べ、「お騒がせしてしまった事は申し訳なく思っておりますがあまり叩かないで頂ければ、と思っております」と呼びかけた。

タレントの相原勇(49)と格闘家の曙(47)が禁断の対面――。97年の「婚約破棄」スキャンダル以来1度も会っていなかった両者が31日に放送されるTBS「今夜解禁!ザ・因縁」(後8・57)で20年ぶりに顔を合わせ、互いの主張をぶつけ合う。

【写真】曙のライバルだった貴乃花親方…長男は両親のいいとこ取りのイケメン

 ボーイッシュなルックスに加え明るく元気なイメージで90年代に人気者となった相原。レギュラー番組8本、さらに舞台で主演を務めるなど90年代に人気絶頂を極めた。一方曙は若貴ブームに沸く相撲界で一時は一人横綱として君臨した大スター。友人関係が発展し交際を始めた2人は、車載充電器サプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170320192324j:plain

96年に会見を開き堂々交際宣言した。

 この頃曙はケガに悩まされたこともあり1年以上賜杯から遠ざかっていた。だが、97年5月場所に2年以上のブランクを経て優勝。ついに結婚発表かと誰もが期待したが、フタを開けてみれば曙の口から飛び出したのはまさかの破局宣言だった。しかも相原は曙から直接別れを告げられず、第三者から伝えられたという。

 それ以来この破局騒動について一切語ってこなかった曙。それに対し相原は近年バラエティー番組で当時のことを暴露するようになっていた。相原の主張は「彼がはっきりともう僕たち終わりなんだよ、結婚はないよってはっきり言ってたら、私もこんなことになってない。直接言われたことがないので、そこはどうしてなのか聞きたい」。一方曙は「本当は…全く違うんだよ」と苦しげに漏らす。

 今はそれぞれ家族を持つ2人が、マウスサプライヤー

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain

20年ぶりに禁断の再会!ぶつかり合うお互いの主張。そして相原の糾弾に、曙の表情が一変。「言っていいの?言っていいの?」果たして、20年に渡る因縁、婚約破棄騒動の真相とは?この収録を最後に破局騒動には一切触れないと約束した2人が、全てを語りつくす。

自民党西村康稔総裁特別補佐は28日、党本部で記者会見し、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏が安倍昭恵首相夫人から寄付金100万円を受け取ったとする主張の傍証とした郵便局の振込用紙(振替払込請求書兼受領証)の筆跡について疑義を唱えた。籠池氏が23日の証人喚問で、学園の職員が振込人欄に「安倍晋三」と書き、郵便局に持参したなどと主張したのに対し、西村氏は「安倍晋三」の筆跡が籠池氏の妻、諄子(じゅんこ)氏が書いたとされる字に似ているとして、「郵便局に行ったのは、籠池夫人ではないか」と指摘した。主な発言は以下の通り。



 西村氏「100万円を振り込んだのは学園の職員だ、という証言だったが、本当にそうなのか。誰が郵便局に行って振り込んだのかが1点。2点目に『安倍晋三記念小学校』と印刷した振込用紙の使用期間。OEM加工サプライヤー、来料加工サプライヤー;ODM加工サプライヤー;試料処理サプライヤー、加工委託OEMサプライヤー、図面によって加工サプライヤー;型開きなど製品カスタムのサプライヤー  3点目は昭恵夫人に留守電を残したとか、昭恵夫人から『匿名にしてくれ』という依頼の電話があったとか、『昭恵夫人と2人きりの状態になった』とか、いくつか証言があるが、これらも私どもが認識している事実と異なる。海陽学園の入学推薦枠の件、財務省が『10日間隠れていて』と依頼した点も事実と異なると思うので、検証を進めている」

f:id:jpsupakopi:20170317202118j:plain

f:id:jpsupakopi:20170320184107j:plain


 「100万円について。籠池証人は、副園長、これは夫人だが、払込取扱票の振込人欄に、『森友学園』と書き、受領書には何も記載せずに学園職員に渡して、郵便局に持参させたということだが、払込取扱票と受領書という二つのもの、受領書は右側についているが、この払込取扱票は夫人である副園長が書いて、それを職員が郵便局に持っていき受領書に書いたということだ。職員が『安倍晋三』と記載し、持参したと。何度か書き直しをしてある。『安倍晋三』とあり、『匿名』と書いてあるようだが、その前に『大』と。ひょっとしたら『大阪市』とか書こうとしたのかもしれないが、『大』と書いてある」

 「証言はまず、払込取扱票は『籠池夫人が書いた』と。そして、やり直しのところは職員が持参して職員が書いたと。『安倍晋三』『匿名』『森友学園』と最終的になる。その結果『森友学園』だけ残るわけだが、実は昨日、フジテレビで筆跡鑑定人が、『大』『安倍晋三』『匿名』のうち『大』と『匿名』は90%の確率で籠池夫人の筆跡、『安倍晋三』は似ている、『森本学園』は夫人の筆跡ではない、とやっていた」

 破産手続きに入った格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京)に支払い済みの旅行代金をめぐり、弁済の申請が殺到している。申請窓口の日本旅行業協会によると、28日午前10時までに約1万8千件に達した。同社は約3万6千件(約99億円分)の旅行申し込みを受けていたとされ、申請はさらにふくらむ見込みだ。