haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ハット通販/業界のファッションをリードする

千葉県我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下で同県松戸市立六実(むつみ)第二小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同市=が遺体で見つかった事件で、現場には争ったような跡がなかったことが捜査関係者への取材で分かった。県警捜査本部は、リンさんが別の場所で殺害された後、車などで排水路脇に運ばれて遺棄された可能性が高いとみて調べている

ユナイテッド航空(United Airlines)が、レギンスをはいていることを理由に少女2人の搭乗を拒否する出来事があり、ソーシャルメディア上で同社に対する批判が相次いでいる。

【写真】体重過多で搭乗拒否のケースも

f:id:jpsupakopi:20170324001842j:plain


 目撃者によると、ハットコピー 少女2人はコロラド(Colorado)州のデンバー国際空港(Denver International Airport)でミネソタ(Minnesota)州ミネアポリス(Minneapolis)行きの飛行機に乗ろうとしていた。レギンスをはいていた別の少女1人は着替えたため搭乗を許可されたという。

f:id:jpsupakopi:20170326220459j:plain


 目撃者がツイッターTwitter)に投稿した情報によると、搭乗口の女性職員が少女らに対し、レギンスを着替えるかレギンスを覆う服を着なければ搭乗を拒否すると伝えたという。少女の1人は10歳くらいでグレーのレギンスをはき、「見た目は普通で適切」な服装をしていたと目撃者は投稿している。

 それに対しユナイテッド航空も、帽子コピー ツイッターへの投稿で職員の対応を擁護。さらにその後、搭乗を拒否された少女らは、従業員やその家族に適用される無料もしくは大幅値引きの特典の利用者であることを明らかにした。

f:id:jpsupakopi:20170326221908j:plain


 ユナイテッド航空の広報担当者は米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)に対し、「一般の乗客はレギンスやヨガ用のズボンをはいていても搭乗は拒否されない」としながらも、従業員向けの特典の利用者は規則に従う必要があり、レギンスのような服装は規則で認められていないと説明した。

 しかしソーシャルメディアではユナイテッド航空を皮肉る声が相次ぎ、性差別的でおこがましい措置だとの批判も上がっている。

[26日 ロイター] - 米ユナイテッド航空は、レギンスを着用した十代の少女2人の搭乗を、服装規則に違反したとして認めなかった。帽子通販

f:id:jpsupakopi:20170324015232j:plain

26日、ツイッターで明らかにしたもので、ネット上ではレギンス愛用の女性らからこの規則への反論が続出している。

現場に居合わせ、一連の反論のきっかけを作った女性客のツイートによると、問題となったのはデンバーからミネアポリスに向かう便。少女らは、着替えるか、レギンスの上に何か履くよう求められ、ハット通販 実行した結果搭乗が許可されたという。

f:id:jpsupakopi:20170322174050j:plain


この騒動を受けユナイテッド航空は「お客様のレギンスは歓迎です」とのタイトルの声明を出し、「(搭乗を禁止した)乗客は、主に社員またはその家族や友人に対する優待制度の会員で、ブランドハット 一般客とは別のこの会員向けの服装規則に違反した」と説明した。「購入した搭乗券を持つ乗客であればカジュアルな服装は問題ない」と述べた。

米国では女性の間でレギンスが人気となり、一部の場面には不適切との批判が上がっているほか、教室での着用を禁止する学校も出ている。