haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

iphoneカバー卸売りサイト

紙おむつと飲料が購入できる自動販売機が、イオンスタイル東戸塚横浜市戸塚区)に設置された。「こんなモノがあったらいいな」という子育て中の父親の声を受け、地元のNPO法人「こまちぷらす」(森祐美子代表)や企業が連携、約1年かけて開発した。森代表は「さまざまな人の協力があって実現した。携帯カバーサプライヤー 今後、日本中に広がっていったら」と期待する。

f:id:jpsupakopi:20170320184107j:plain



 こまちぷらすは、ヤマト運輸神奈川主管支店と協働で「ウエルカムベビープロジェクト」を展開中。地域で子どもの誕生を祝う文化を醸成しようと、戸塚区の新生児の家庭に「背守り」携帯ケースサプライヤー と呼ばれる刺しゅうなどを贈っている。

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain


 自販機設置のきっかけは同プロジェクトのワークショップ。育児に必要なモノをテーマに意見交換する中で、参加者の一人、同市在住の団体職員池田浩久さん(40)が提案した。

 6歳、3歳、1歳の3姉妹の父親。一人で子どもを連れて外出した際、いざおむつを交換する段階になって忘れたことに気付いた。近くに売っている店はなく、ようやく見つけたドラッグストアでは大きな袋入りでしか売っていない…。そんな経験談を語ると、多くの人の共感を得た。

f:id:jpsupakopi:20170320184050j:plain



 自販機は、電池サプライヤー メーカー ランキング 花王と東京キリンビバレッジサービスが連携、開発した。こまちぷらすによると、日本自動販売協会などに確認する限りでは、全国初という。

 飲料、紙おむつそれぞれの取り出し口を設置。2種類のサイズの紙おむつ(2個入り200円)を用意し、使用後に入れるビニール袋とセットになっている。売り上げの一部は、同プロジェクトの活動費に寄付される。

 24日の発表記念イベントには池田さんも出席し、「まさかこんな形で実現するとは夢のよう。ありがたい限り」と笑顔。

 森代表は、父親の声を受けて誕生したことや、実現に向け地域の人たちが協力したことは、これからの子育てを象徴していると評価。「この自販機が日本中のインフラの一つになってほしい。いろいろな人が声を上げ、新しいモノやサービスが生まれることを願っている」とあいさつした。

休日は女性の格好で過ごすことが多い。しかし、自身を男女どちらにも属さない“性別・自分”だと思っている。バッテリサプライヤー 心と体の性別が一致しない、トランスジェンダーの一人だ。

f:id:jpsupakopi:20170303004114j:plain

f:id:jpsupakopi:20170303004536j:plain



 岐阜県工務店の長男として生まれた。性別の違和を感じ始めたのは、中学生の時。「制服になったことで、男女の区別が鮮明になった。私は女子の制服が着たいな、と思った」と振り返る。自身の腕やすねの毛にも嫌悪感を覚えた。「自分は一体何者なんだ」。自問自答を繰り返した。

 体の手入れを欠かさない“きれい好きな男性”として生きてきたが、26歳の時、SNSを通じ同じ境遇の人たちと情報交換する中でトランスジェンダーの存在を知った。初めてスカートもはいてみた。「維持してきた体を生かせる服装だ」。自らをトランスジェンダーだと認識するようになっていった。

 2015年10月、転職を機に千葉市内に引っ越してきた。3カ月後、性的少数者LGBT)の当事者と家族らでつくる「レインボー千葉の会」(中央区)の一員に。市への政策提言を考えていくうちに自分に自信が持てるようになり、家族へのカミングアウトを決心。帰省した昨年8月、父親に「心と体の性別が一致しない」と告げた。

 「自分の思うように生きろ」。返ってきた言葉で心にあったもやが晴れ、LGBTに関する活動に一生をささげる覚悟が生まれた。

 派遣社員時代、会社から伸ばした髪をとがめられ、切ることを強要されたことがある。「派遣社員はいつ契約を切られてもおかしくない。そういったハラスメントに遭って我慢している人は少なくない」。経験や同会で得た知識を弱者救済につなげたいとの思いが強い。

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain


 「日本では配偶者でなければ、タッチスクリーンサプライヤー パートナーの死に目にも立ち会えない」と、同性、異性問わずにパートナーとして結婚と同等の権利を得られるフランスの制度「PACS」の日本導入も実現したいことの一つだ。

大阪府高槻市で長女にインスリンを投与したとして、傷害の疑いで逮捕された母親が「娘が体調不良になれば仕事を休んで娘と一緒にいられると思った」と容疑を認める供述をしていることがわかりました。

 高槻市の無職・光吉彩夏容疑者(21)は去年7月、自宅や高槻市内の病院で当時1歳8か月の長女に血糖値を下げるインスリンを投与し、低血糖による痙攣などの傷害を負わせた疑いで今月8日逮捕されました。

 捜査関係者によりますと、逮捕当初、光吉容疑者は容疑を否認していましたが、最近になって「娘が体調不良になれば仕事を休んで娘と一緒にいられると思った」とインスリンの投与を認める供述を始めたということです。また、使用したインスリンについては、同居している母親に処方されていたものだと説明しているということです。警察は供述の裏付けを進めています。

動向が注目されていた格安海外旅行業者の(株)てるみくらぶ(TSR企業コード:296263001、法人番号:6011001044153、渋谷区渋谷2-1-1、設立平成10年12月4日、資本金6000万円、iphoneカバーサプライヤー 山田千賀子社長)は3月27日、東京地裁に破産を申請し、同日破産開始決定を受けた。

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain


 申請代理人は南勇成弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)。
 負債総額は現在調査中。

大相撲春場所(26日千秋楽)で2場所連続、新横綱として8人目の優勝を果たした稀勢の里(30)=田子ノ浦=が大阪市内の宿舎で一夜明け会見を行った。13日目に左肩周辺を負傷しながら強行出場。千秋楽では本割で1差で追う大関照ノ富士を下し追い付くと、優勝決定戦では照ノ富士を右小手投げで仕留めた。01年夏場所貴乃花をほうふつとさせる奇跡の逆転優勝が日本を驚喜させた。

【写真】まさかの敗戦…呆然と立ち尽くす照ノ富士

 宿舎にはファンも駆け付け「おめでとう」と拍手の中、会見場に入った。「ようやく終わったなという気持ち。充電ケーブルサプライヤー横綱として)初めてで忘れられない場所になった」としみじみと振り返った。

f:id:jpsupakopi:20170320184149j:plain



 負傷を押しての出場に関しては「しっかり動いていたし、絶対にあきらめないと思った。やれると思ったからやった」と休場の選択肢はなかった。「上(半身)がダメなら下(半身)でやろうと。下半身のできはすごい良かった。下で動き回ろうと思った。最後は気持ちだけ」と語った。

 先代師匠の故鳴戸親方(元横綱隆の里)らに並ぶ8人目の新横綱優勝には「うれしい反面、これ以上のものを求めて、これで終わりじゃない」とした。

 4月2日、伊勢神宮奉納土俵から始まる春巡業にも意欲。「痛みがないから大丈夫と思う。なるべくなら巡業に出るのも横綱の使命。行けるんであれば出る。ダメならしっかり休む」と、患部の検査次第で判断する。

◆大相撲春場所千秋楽 ○高安(寄り切り)玉鷲●(26日・エディオンアリーナ大阪

 連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com