読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子タバコ / キーボード/充電器/マウス卸売りサイト

しかも人も資金も決して豊かではない。座して死を待つ訳にはいかないし、どの車種も止められない。その中で、手持ちのリソースで可能な戦略をマツダは必死で考え、実現可能なプランを作り上げた。それは「数を競わない」ということだ。かつてマツダの人が卑下して言った言葉だが「ウチの全車種を合計してもカローラに敵わない」。そんな考え方はしたことがなかったが、そう言われてみればそうだ。トヨタは成績の良い月なら、1車種で国内月販3万台越えとかの途方もない数を売ることもある。

 その中でマツダというブランドを何とか生き残らせていこうと思えば、マツダ全車種に統一的なイメージを持たせるしかない。電子タバコサプライヤー そうしなければ埋没してしまうのだ。だからマツダは「魂動デザイン」で全商品を括り、ブランドの埋没を防いだのだ。

f:id:jpsupakopi:20170310134703j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain



 そういう考え方に基づけば、万人に受ける無難なデザインはあり得ない。嫌いな人には嫌われても良いが、好きな人が惚れ込む商品を作る。そう決めたのだ。マツダはそれを「2%に好かれるクルマ」と言う。グローバルに年間約1億台のクルマが売れている現状で、2%なら200万台。現状で約150万台のマツダにとって、それは諦めでも何でもなく、十分な高望みの数字だ。キーボードサプライヤー だから商品の個性を尖らせる方向にシフトした。そうした特性を持たせつつ、コンピュータ・シミュレーションとコモンアーキテクチャー(モジュール設計)によって、徹底的に省力化と高性能化を追求して商品を作り上げた。コモンアーキテクチャーについてはあらためて書くことがあると思うが、それは決死の綱渡りだった。

f:id:jpsupakopi:20170213180440j:plain

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain

ヤマト運輸もそうですが、労働現場で人手不足が顕著になっています。また、学生の就職活動や求人倍率を見ても、空前の『売り手市場』になっている。待遇がよくなければ働き手を採用できないため、企業側は賃金や給料を上げざるをえません」(神戸大学大学院経営学研究科准教授・保田隆明氏)

 長くデフレに苦しんできた日本経済にようやく春が訪れそうだ。

 厚生労働省は3月9日に毎月勤労統計調査で1月の名目賃金は0.5%増だったと発表した。この傾向は昨年から顕著で、携帯充電器サプライヤー '16年の賃金上昇率は大企業で0.6%、中小企業では0.9%だった。人手不足が深刻になり、賃金を上げる動きが活発になっている。

f:id:jpsupakopi:20170320192319j:plain

f:id:jpsupakopi:20170320192324j:plain


 象徴とも言えるのが、ヤマト運輸だ。労働者の賃上げにつながる「運賃値上げ」交渉を、順天堂大学特任教授の川喜多喬氏は歓迎する。

 「物流業界における労働力不足の背景には、賃金が低いがゆえに人が集まらないという原因がありました。さらにその背後には運賃水準が低く抑えられている問題があります。私はこれがデフレ脱却を遮るひとつの要因であると考えています。

 利用者の中にはネット通販の売りである『送料無料』が有料化するのではないかという懸念もあるようですが、車載充電器サプライヤー 結果的には消費者の生活をより豊かにする可能性を秘めており、ヤマト運輸の決断は大英断だったと評価する日が来るでしょう。

 運賃の値上げの先に労働者の賃上げが見えてきただけでなく、デフレ脱却の兆しになるとも考えられるからです。交渉がうまく行けば、同業他社にもそうした動きが波及していく可能性があります」

 ヤマト運輸にかぎらず運送業ではアマゾンをはじめとするネット通販の取扱量が激増し、現場が疲弊している。労働に見合った運賃を求めて、値上げ交渉に踏み切ったのだ。ヤマト運輸の広報担当者はこう話す。

 「私どもには今後も社会的インフラである宅配便サービスを継続して維持する使命がありまして、お客様への品質をより向上させていくことも必要だと考えています。そういったところから、マウスサプライヤー 運賃の見直しをしている段階でございます。

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain

春闘の労使交渉が大詰めを迎える中、非正規従業員の待遇改善が大きな焦点となっている。総務省によると、非正規雇用は7年連続で増えており、雇用者全体に占める割合は2016年、過去最高の37・5%を記録。3人に1人以上となっている。県内でも23日、待遇改善を求めるストライキが行われた。

 同省の調査では、非正規雇用は1984年の約600万人から、16年は2016万人に。10年前の06年と比べても約330万人増加し、全体に占める割合も4・5ポイント増えた。兵庫県内では、直近のデータがある12年が約86万人で、割合は39%だった。

 非正規の処遇改善を目指し、日本郵政グループの社員らでつくる「郵政産業労働者ユニオン」は23日、県内の神戸中央(神戸市中央区)や灘(同市灘区)を含む全国25職場でストを決行した。同ユニオンによると、同グループでは社員の半数に当たる約19万人の非正規労働者が働いているという。

 灘郵便局で配達業務を担う非正規の男性(55)は「仕事への責任は正社員と変わらないのに、休暇や手当など待遇に大きな格差がある。現状を訴えたい」と悲痛な表情で語った。

 一方、企業では、非正規労働者を正社員に転換する動きも広がっている。厚生労働省によると、16年2月から17年1月までの1年間で、転換した民間事業者は全体の5割を占めたという。同省は「人手不足が広がり、人材確保のために企業も待遇を見直している」とみている

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com