読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品卸売りサイト

先日、TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。6代目となるご老公は、武田鉄矢さんで、2017年10月からBS-TBSで放送するのだという。

【次の『水戸黄門』は土下座なしで】

f:id:jpsupakopi:20170320184107j:plain



 今回、携帯カバーサプライヤー ご老公たちが旅する舞台は東北ということで、被災地の伝統芸能や工芸品、郷土料理も積極的に取り上げるらしい。そういう意味では、復興支援的な側面もあるというのは喜ばしいことだと思う。ただ、その一方で、これまでのようなノリの『水戸黄門』が延々と続いていくのはまずいと思っている。

f:id:jpsupakopi:20170320184050j:plain


 日本社会にまん延する「謝罪至上主義」ともいうべき病が悪化してしまうかもしれないからだ。は? 携帯ケースサプライヤー なにワケのわかんないこと言ってんのと思う人も多いだろうが、「謝罪」と『水戸黄門』との関係の深さを知ってもらうためには、日本特有の謝罪文化を理解していただく必要がある。

 この国に世界的にかなり珍しい独特の謝罪文化があることは、いまさら説明の必要はないだろう。なにかやらかした企業の経営陣は、必ずといっていいほどカメラの前でズラリと並んで頭を下げることを求められる。最近では、芸能人も不倫や事故を起こすと、スーツ姿やベッキーのように清楚な装いで深々と頭を下げなくては、世間から糾弾される。

f:id:jpsupakopi:20170226195828j:plain

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain


 社会のいたるところでも、電池サプライヤー 「謝罪」が氾濫している。コンビニで迷惑行為を注意された客が逆ギレして店長を土下座させたことなど典型だが、SNSでも現実社会でもなにかとつけて「謝罪しろ」と迫ってくる人が増えている。「謝罪」は日本人がかかっている重い病のひとつなのだ。

 なんてことを言うと、森友学園的な方たちから「それは日本人が世界一礼儀を重んじる奥ゆかしい国民だからだ」だとか、メーカー ランキング 「武士の切腹にも通じる男らしい責任感のあらわれだ」という主張がバンバン飛んできそうなので、お伝えするのも心苦しいのだが、現在のようになにかとつけて頭をペコペコ下げる文化は日本固有のものではない。

f:id:jpsupakopi:20170303004536j:plain



●土下座の大衆エンタメ化

 現在のように、バッテリサプライヤー おじきの角度は45度、テレビカメラに撮らせるために10秒は頭を下げていましょう、という謝罪会見の「作法」が確立されたのは、2000年の雪印集団食中毒事件や、三菱自動車リコール隠しのあたりである。もちろん、それまでも不祥事を起こした企業が詫びることはたくさんあったが、現代のように「頭を下げなきゃ人間失格」みたいなところまで先鋭化したのは比較的、最近の話なのだ

アップルは米国時間3月21日に、iPhoneiPadなどの主要製品に関する発表を行った。この中で注目されるのは、iPhoneに新たに用意された「赤」モデルの存在だ。

f:id:jpsupakopi:20170320184149j:plain


【写 真】真っ赤なヘッドフォンもラインナップ

エイズ撲滅運動(RED)は10周年の節目

新たにiPhone 7iPhone 7 Plusに追加されたのは「(PRODUCT)RED Special Edition」。(RED)とは2006年1月にU2のボノらが提唱して始まったエイズ撲滅運動だ。アップルは、タッチスクリーンサプライヤー これまでも(RED)に参加してきたが、iPhone 7iPhone 7 PlusのREDバージョンは、その10周年を記念する製品との位置づけもあるという。

 アップルは、今回のiPhoneのREDモデルについて、「年間を通じて購入することができる製品に加わった」と述べており、その他のラインアップは、iPod各製品、iPhone 7 Smart Battery Case、iPhoneiPadのケースやApple Watch用バンド、そしてBeatsブランドのBeats Solo 3 Wirelessヘッドフォン、Beats Pill+スピーカーとなっている。

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 iPhone 7は、言わずと知れた2016年9月に発売されたアップルのフラッグシップスマートフォン。4.7インチ、5.5インチの2つのサイズで展開されており、128GBモデル、256GBモデルには、iphoneカバーサプライヤー 真っ黒かつ光沢仕上げの「ジェットブラック」が設定された。

 今回のREDモデルも、ジェットブラック同様、もっとも価格が低く抑えられている32GBモデルには設定されず、128GB、256GBモデルにのみ用意される。日本における価格は128GBモデルで価格は8万3800円(税別)となっており、3月24日から発売される。

アンテナラインの色は?

 REDモデルは、前述の光沢仕上げのジェットブラックとは異なり、ブラック、ゴールド、ローズゴールド、シルバーなどと同じ酸化被膜処理となっている。しかし、ブラック以外のモデルでアクセントとして残されているアンテナラインは、REDモデルでは赤いラインが採用された。

f:id:jpsupakopi:20170320184149j:plain



 そのため、充電ケーブルサプライヤー 光の当たり方によっては、アンテナラインが目立ちにくく、真っ赤なアルミニウムの板というイメージを得ることができる。

 これまで、iPhoneを赤い装いで利用するにはケースの助けが必要だった。純正品では、シリコンケースやレザーケース、前述のバッテリーケースが用意されてきたが、REDモデルのiPhoneの登場で、ケースなしでも、赤いコーディネートを楽しめることができるようになった。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com