読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品加工サプライヤー

8月のロンドン世界選手権に出場する男女マラソン代表が20日、都内に集合し、本番に向けたミーティングを行った。今回の世界選手権を最後に日本代表争いからの撤退を表明している川内優輝(30)=埼玉県庁=は「ロンドンで日本代表としてのすべてを燃え尽くすつもりです」と、並々ならぬ覚悟を示した。

f:id:jpsupakopi:20170320192319j:plain

f:id:jpsupakopi:20170320192324j:plain


【写真】中学時代の「パツパツ」ユニホームで快走した川内優輝

 川内が代表引退を決意しているのは、今後19年ドーハ世界選手権、20年東京五輪と、苦手としている30度を越える猛暑が予想されるコンディションであることが一因。日本陸連瀬古利彦長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は「暑いのが苦手と思いすぎている。苦手の神様が寄ってきちゃうよ」と話し、「東京五輪までやってほしいけどな」とポツリ。OEM加工サプライヤー、来料加工サプライヤー;ODM加工サプライヤー;試料処理サプライヤー、加工委託OEMサプライヤー 会見場からの帰り際に川内に声を掛けた。

 瀬古リーダー「川内、暑いのが苦手とか言ってちゃ駄目だよ!」

 川内「ロンドンの暑さなら大丈夫です!」

f:id:jpsupakopi:20170320184107j:plain

f:id:jpsupakopi:20170320184149j:plain


 瀬古リーダー「ロンドンじゃない。東京だよ、東京」

 と、東京五輪挑戦を要請したが

 川内「誰もが東京を目指しているわけじゃない。ロンドンがすべてなんです!」と、身ぶり手ぶりを交えて力説。その言葉の圧に、瀬古リーダーはたじたじとなり、最後は「すいません。勉強になりました」と、頭を下げていた。

不満なんてカケラもないって感じで、うれしそうに一緒に行くんだ」。自転車通勤に変えてから通るようになった公園で、図面によって加工サプライヤー;型開きなど製品カスタムのサプライヤー   よく見かける風景。おじいさんに寄り添うボルゾイ犬が、楽しそうに遊んでいる犬たちを見つめています。「ハガネの女」「エデンの東北」などで知られ、ツイッターでも作品を発表している漫画家の深谷かほるさんが、「無償の愛」をテーマに描きました。

f:id:jpsupakopi:20170320184050j:plain



【マンガ】おじいさんに寄り添うボルゾイ犬のけなげな姿…涙を誘う「無償の愛」

飼い主のそばにたたずむボルゾイ 仲間を見つめて

 「春の宵に、一人泣く子はいねが~」
 きょうは、愛を見つけた涙の匂いをかぎつけた、猫の遠藤平蔵。
 自転車通勤中の男性に声をかけました。

 通勤路が変わり、公園を通るようになった男性。
 「朝晩、散歩の犬たちが集まっていて楽しそうだったんだ」

 そんな中、ある光景を目にします。
 高齢の飼い主のそばに、一匹でたたずむボルゾイ犬。
 遠くの仲間をじっと見て、時々しっぽを振ってやめます。「遊びたいんだろうなぁ」と思っていた男性。

f:id:jpsupakopi:20170317202118j:plain

f:id:jpsupakopi:20170318171649j:plain


 けれど、おじいさんが立ち上がると、さっと向き直って、歩調を合わせて歩き出します。
 「不満なんてカケラもないって感じで うれしそうに一緒に行くんだ」

 男性はハッと気づき、「これって…愛じゃね!?」と遠藤に問いかけます。
 遠藤は「おまいさんがそれを話せる相手に出会えますように」と笑うのでした。

やっぱり飼い主が大好き! 我慢も苦じゃない

 このお話は、作者の深谷かほるさんの知人が実際に目にした光景だそうです。

 深谷さんは「もしこれがシバイヌだったら、はじめから飼い主以外には目もくれないかも。このボルゾイには、『本当は犬たちと遊びたい』という思いがあって、でもやっぱり『飼い主が大好き!』という気持ちの動きが、素直に身体に出たんだと思います」

 「自分の忍耐や払った犠牲を、まったく気にしないように見える犬は、飼い主を愛してくれているんだなぁと思いました」と振り返ります。

 「iPhone 7 Plus」に機種変更をしてから、それまで使っていた「iPhone 6s」は妻に渡して使ってもらっていた。2月ごろから1カ月近く使ってもらっていたが、「iPhone 6sの電源が突然切れて、充電をしないと使えなくなることが頻繁にある」という。

【Appleの告知】

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain


 確かに、バッテリー残量が50%程度あるのに、電源が落ちて、画面には充電を促すアイコンが表示される。充電をするとすぐに復活するのだが、これが頻繁に起こるようでは困ってしまう。iPhone 6sもまだ1年ちょっとしか使っていないので、バッテリーの寿命ではないと思うのだけど。

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 ん、iPhone 6s、電源が落ちる、バッテリー……といえば、Appleが交換プログラムをやっているのを思い出した。2015年9月から10月にかけて製造された「ごく少数」のiPhone 6sで、電源が落ちる不具合が起きており、該当機種のバッテリーを無償で交換してもらえる。

 Appleが交換プログラムを発表した2016年11月は、ちょうど筆者はiPhone 7 Plusに機種変更した直後で、iPhone 6sもまだ仕事用にキープしておきたかったけど机の中に眠らせていたので、自分の6sが交換プログラムに該当するかどうかは調べていなかった。

 ひょっとして……と思いあらためて調べてみたところ、見事に該当していた。Appleの告知ページ「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」から、iPhoneのシリアル番号を入力して「送信」ボタンを押せば、該当しているかどうかが分かる。シリアル番号は「設定」→「一般」→「情報」から確認できる。

f:id:jpsupakopi:20170306112237j:plain

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain


 バッテリーの交換はApp StoreApple正規サービスプロバイダーに持ち込むか、Appleテクニカルサポートに問い合わせることで対応してもらえる。ドコモ、auソフトバンクなどのキャリアショップに持ち込んでも対応してもらえないので注意したい。

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain


 筆者の場合、Apple正規サービスプロバイダーに持ち込むことにした。AppleのWebサイトから現在地や指定した住所の近くにある店舗を検索でき、持ち込む日時の予約もできる。電話をかけることもなく、スマホ1台で予約まで済ませられるのは便利だ。

 後日、予約をした店舗の「修理サービスカウンター」にiPhone 6sを持ち込んだ。持ち込む前に、iTunesiCloudにデータをバックアップし、「iPhoneを探す」をオフにしておく必要がある。他にデータと設定を全て消去する必要があり、店舗側でデータを消去する旨も伝えられたが、バッテリー交換後もiPhone 6sのデータは消去されていなかった。自らデータは消去しなくてもよさそうだ。

f:id:jpsupakopi:20170303004114j:plain

f:id:jpsupakopi:20170303004536j:plain


 カウンターでは30分ほどで全ての作業が終了した。iPhone 6sの場合、バッテリーの交換には通常9400円(税別)がかかるが、本プログラムではこれが0円になる。また担当してくれたスタッフによると、今回の不具合は「iOS 10.2.1」にアップデートすることで解消できるそう。実際、筆者のiPhone 6sのOSは預けた時点ではiOS 10.1だった。とはいえ、プログラム自体は現在も提供されており、無償のバッテリー交換を受け付けている。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com