haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

一番安いiphoneカバーサプライヤー

万引きし、警備員にケガをさせた疑いで19日、60歳の女が現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県高浜市湯山町の無職・梶浦歳子容疑者(60)です。

 この日午前10時すぎ、携帯カバーサプライヤー 「ドミー高浜店」で菓子4点633円相当を万引きしたうえ、呼び止めた警備員2人を両手で引っ掻き、ケガをさせた強盗傷害の疑いが持たれています。

f:id:jpsupakopi:20170320184050j:plain


 調べに対し、梶浦容疑者は「何も盗んでいない。言いたくない」と否認しています。

兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が不適切な保育を続けていた問題で、同市は19日に会見し、携帯ケースサプライヤー 保育実態が判明した特別監査などの経緯を明らかにした。同園は市の指摘に対し実態をほぼ認め、保育士数の水増し計上については「給付を受けるため」と説明したという。

f:id:jpsupakopi:20170320184107j:plain


【写真】「わんずまざー保育園」の1歳児に提供されたある日の給食

 市によると、昨年1月、同園が市を通さず保護者と直接契約して園児を受け入れているとの情報提供があった。電池サプライヤー メーカー ランキング 市が事実関係を確認したところ、同園は当初、これを否定。書類上も問題はなかった。

 しかし、今年2月に県と市が特別監査に入り、市に隠して園児を受け入れていたことが発覚。同園は、経費を削減するために園児の給食を減らすなどの不適切な保育をほぼ認めた。給付金について「不正請求の意図はなかった」と否定したが、保育士数を実際よりも多く報告したことを指摘されると「行政の給付を受けるためだった」と認めたという。

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain


 問題発覚を受け、市は今月14日、同園の保護者に経緯を説明。園児の給食を減らして経費を浮かせていた実態を告げられると、「そんな量だったのか」とショックを受ける保護者もいたという。

18日午後7時10分ごろ、バッテリサプライヤー 埼玉県朝霞市東弁財1丁目、東武東上線朝霞台駅で、志木市の職業不詳女性(20)が池袋発森林公園行き下り急行電車(10両編成)にひかれ、全身を強く打って死亡した。

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain


 朝霞署によると、電車がホームに入ってきた際、ホームのベンチに座っていた女性が線路上に飛び降りるのが防犯カメラに映っていた。女性が遺書のようなメモ書きを所持していたことなどから、同署は自殺の可能性が高いとみて詳しく調べている。

 東武鉄道によると、タッチスクリーンサプライヤー 事故で乗客約1300人は地下鉄の直通電車に乗り換えた。同線は最大16分の遅れが生じた。

前橋市と埼玉県熊谷市を結ぶ国道17号バイパス「上武道路」は19日、前橋市上細井町と同市田口町の3.5キロの区間が開通し、全長40.5キロが全線開通した。本線である国道17号の混雑が緩和され、沿線地域の物流効率や観光アクセスの向上が期待される。関係者は市内で開かれた開通式典の後、本線上でテープカットやパレードを行い、大規模バイパスの完成を祝った。

f:id:jpsupakopi:20170303004114j:plain

総工費1800億円、平野部貫く

 東毛から北毛にかけて群馬県内平野部を貫く上武道路は、1970年度に事業化。50年近い歳月を経て全線開通した。総工費は約1800億円で、熊谷市役所から群馬県渋川市役所までの所要時間は、2時間8分から1時間15分と53分間短縮される。

 ヤマダグリーンドーム前橋で開かれた式典で、大沢正明知事は「全線開通により現在の国道17号の混雑緩和はもとより、大幅な物流の効率化が図られ、生産性や利便性が飛躍的に向上する」とあいさつ。山本龍前橋市長は「開通を機に観光開発、産業誘致、農業振興などあらゆることで皆と手をつなぎ、iphoneカバーサプライヤー 沿線市町村の力を発揮したい」と期待を示した。

1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった和歌山毒物カレー事件。当時、10歳だった林真須美死刑囚(55)の長男(29)が初めてテレビのインタビューに応じた。

f:id:jpsupakopi:20170320184149j:plain


 高く白い壁が取り囲み、敷地360平方メートルを超える林家の豪邸には大きな金庫があった。金庫には大量の札束があり、億単位のお金が入っていた。長男は言う。「子どもながらになんでこんなにお金があるのか、不思議だった」。父の健治氏はギャンブルで大金を手にすると、充電ケーブルサプライヤー 部屋で頭上から金をばらまいた。定職を持たない両親の口癖は「おれたちはお金のないところから取っているのではない。あるところから取っているからいいんだ」。

 初めて長男への直撃インタビューをしたのはMBSテレビの開局65周年記念番組「激撮! 直撃!! スクープ 秘蔵映像全て見せます」(20日午後1時55分放送、関西ローカル)。同番組はMBSがカメラに収めてきた幾多のニュース映像を基に「あのとき何かあったのか」「あの人はどうなったのか」に迫る約4時間の生放送番組だ。

 同番組内の「和歌山毒物カレー 林真須美死刑囚の長男が語る19年目の真実」で、長男は事件前に「林家」で何が起こっていたのかを語り、事件後には「犯罪者の息子」と陰口をたたかれ、生活が大きく変化したことを明かす。

 豪邸での暮らしを支えていたのは「保険金ビジネス」だった。もちろん、幼い長男にはわかるはずもない。あれから18年の時を経た。和歌山市内の運送会社で働く長男は「いま思えば両親はお金にとりつかれていたんだなとわかる」。

 両親が逮捕後、4人の子どもは養護施設に預けられ、壮絶ないじめにあった。乾燥剤が故意に入れられたカレーを口にした長男はアワをふいて倒れたこともあった。「あれ、林真須美の長男やで」。居酒屋で働いているとき、客が店主に伝えた。店主からは「衛生的に悪いからやめてもらえるか」と告げられた。

f:id:jpsupakopi:20170306111824j:plain


 真須美死刑囚はカレー事件の無罪を主張し最高裁まで争ったが、2009年5月に死刑が確定。長男が21歳のときだった。

 年に1度だけ母のもとに行く。昨年6月に面会したときは、歯がすべて抜けてなくなっていた。「歯はどうしたん? 治療してもらっていないねん」。それでも強気な性格は昔のままだ。「ちょっと早めに老人ホームに入ったと思っているよ」と話したという。

 死刑が確定した真須美死刑囚は09年7月に裁判のやり直しを求めて和歌山地裁に再審請求した。弁護団は被害者の毒物中毒を起こしたヒ素の鑑定手法に問題点があり、再審開始要件の「無罪を言い渡すべき新証拠」と主張。和歌山地裁は今月29日に再審請求について可否の決定をする。

 犯人は母なのか。長男が最後に語る言葉は重い。ともに暮らした肉親にしかわからない思いが込められている。



 「安倍政治の暴走を止め、改憲を阻止するため、自民党や補完勢力議席をどれだけ減らせるかが問われる」。吉田忠智党首は2月26日の全国代表者会議で次期衆院選に向けて気勢を上げた。だが、現実は国政選挙のたびに社民党は党存亡の危機に直面している。党を率いる吉田氏も昨年の参院選であえなく落選し、国会議員は現在、衆参2人ずつの4人しかいない。

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 「55年体制」の下、前身の社会党自民党の対抗勢力として一翼を担い、最盛期は200人以上の大所帯を誇った。平成元年の参院選では土井たか子委員長(当時)の「おたかさんブーム」で大勝。自民党過半数割れに追い込み、土井氏は「山が動いた」との名言を残した。東京都議会第1党の時代もあった。

 

場谷さんが行方不明になった後、「探さないでくれ」というメールが幸江容疑者に届いていましたが、2人が犯行を隠すために偽装していたとみられます。

警察は同居に関してのトラブルがあったとみて捜査しています。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com