読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品卸売りサイト

韓国を訪問中のティラーソン米国務長官は17日、中国が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に強く反対し、韓国に報復とみられる措置を取っていることを 電子製品サプライヤー 批判した。

 国務長官就任後初めての来韓となったティラーソン氏はこの日、ソウル市内で開いた尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官との共同記者会見で、「韓国に対する経済的な報復措置は不適切で非常に遺憾だ」と述べた。

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain



 また「地域の大国が、脅威のために自国を防衛しようとする他国の措置に対して報復するのは適切ではないと考える」との見解を示した。電池サプライヤー メーカー ランキング 中国が報復とみられる措置を取ることは、大国を自認する国にふさわしくないと指摘した発言と受けとめられる。

f:id:jpsupakopi:20170310134703j:plain



 ティラーソン氏は、米国は包括的な能力を活用して北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に備え、そのために米国と韓国は防衛を目的としたTHAADの韓国配備を決めたとし、THAAD配備の目的は北朝鮮からの防衛だという点を明確にした。

 中国の報復とみられる措置に対し、バッテリサプライヤー 米国がはっきりと反対する立場を示すべきとの声が韓国側から上がっていた中で、トランプ政権の外交を担うティラーソン氏が中国に向け強いメッセージを発したことになる。

f:id:jpsupakopi:20170306114309j:plain


 中国はTHAADの配備用地をロッテグループが提供することに決まって以降、ロッテだけでなく韓国企業を対象に報復とみられる措置を強めている。

 中国が在韓米軍へのTHAAD配備に反対するのは、北東アジアにおける米中のパワーバランスが変化する可能性を念頭に置いたものとみられている。そのため問題を解決するためには米中による話し合いが必要であり、その席でTHAAD配備北朝鮮の非核化のための「カード」として使うべきだとする専門家の指摘もある。中国が配備に反対するのであれば、北朝鮮の非核化に向けて、より積極的な役割を果たす必要があるとの主張ができるということだ。

中国の国会にあたる全人代全国人民代表大会)が閉幕した。記者会見した中国の李克強首相は、北朝鮮問題を巡って タッチスクリーンサプライヤー 「衝突を招く恐れがある」と危機感を示した。

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain



 李克強首相は記者会見で「最近、朝鮮半島や北東アジアでは緊張感が出ている。緊張は衝突を招くかもしれない」と述べた。さらに「誰もが自分の家の前で騒がれたくない」とも述べ、北朝鮮情勢について、アメリカや韓国などに対して対話での解決を求めた。

 来月に米中首脳会談が行われる見通しの中、アメリカとは「為替や安全保障で立場の違いがある」としながらも「将来は楽観的だ」とし、関係の発展に自信を示した。全人代では、一連の日程で共産党幹部が習近平主席を別格の指導者とする「核心」に位置付ける発言が相次いだ。今年の秋には、5年に一度の共産党大会で指導部の大幅な交代が予定され、水面下での駆け引きが活発化しているとみられる。

 この会見では李首相が日本人記者の中国語発音に感激するシーンもあった。あまりにも流暢な中国語に李首相は「どこで中国語を勉強したのですか」と記者に逆質問。質問した日本経済新聞の記者が「はじめは北京で学びました。台湾にいたこともあるので、台湾なまりがあるかもしれません」と答えると会場には笑いが起こった。李首相も「あなたの北京語はすばらしいですね」と笑顔を見せ、会見の様子を見た中国のネットユーザーからも「すごい!」「こんなに長くて難しい文章、俺には無理」「何だか親近感を抱いた」との声が出ている。

訪米中のアンゲラ・メルケルAngela Merkel)独首相は17日、米首都ワシントン(Washington D.C.)のホワイトハウス(White House)でドナルド・トランプDonald Trump米大統領と初めて会談した。2人の間に冷ややかな雰囲気が漂う中、貿易から移民問題に至るあらゆる点で両首脳の意見の違いが際立った。

【関連写真】こわばった表情のメルケル首相

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain



 北大西洋条約機構NATO)や防衛予算、iphone周辺機器サプライヤー 自由貿易協定などに言及した両首脳の合同記者会見では、気まずい空気が流れる瞬間が幾度とあり、2人の間にはほとんど共通点が存在しないことが見てとれた。

 ホワイトハウスイーストルーム(East Room)で行われた約30分間の会談でトランプ氏はNATO加盟国が防衛費の「公平な負担」をしていないと非難し、「公平で互恵的な貿易」協定を要求し、メルケル首相の表情はこわばったままだった。

 物理学者の肩書きも持つメルケル首相は、長年バラク・オバマBarack Obama)米前大統領に最も近い国際政治上のパートナーだった。2人は強い信頼関係でつながり、熟考した交渉法にも共通点があった。

f:id:jpsupakopi:20170213180440j:plain

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 トランプ氏は今年1月の大統領就任前からメルケル首相による難民受け入れ政策を「破滅的な誤り」と呼び、充電ケーブルサプライヤー 同首相が「ドイツを滅ぼしつつある」とほのめかして基本的な姿勢を示していた。

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain


 メルケル首相はトランプ大統領との共同記者会見で「直接対話することは、お互いについて話すことよりもずっと素晴らしい。携帯電話の周辺機器サプライヤー 私たちの会談がそれを証明している」と述べた。しかし、そんな比較的明るい瞬間にも両首脳の間には緊張が存在していた。

 

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com