読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品メーカー

東京電力福島第一原発事故群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。判決は津波の到来について、東電は「実際に予見していた」と判断。非常用ディーゼル発電機の高台設置などをしていれば「事故は発生しなかった」と指摘した。国についても「予見可能だった」とし、規制権限を行使して東電にこれらの措置を講じさせていれば 電子製品サプライヤー「事故を防ぐことは可能であった」とした。原告の主張をほぼ認める判決となった。

f:id:jpsupakopi:20170317195611j:plain

警視庁昭島署(東京都昭島市上川原町)に保管されている、旧日本陸軍の航空施設跡地から発見された爆弾のような金属球体3個。詳細がわからず長らく処分に困っていたが、産経ニュースが報道したところ、全国から産経新聞や昭島署に多数の情報が寄せられた。情報を集約した結果、昭島署は球体Xを 電池サプライヤー メーカー ランキング「航空機の夜間離着陸用誘導灯」と認定。担当者は「こんなに速く詳細が判明すると思っていなかった。情報提供に感謝します」と話している。

f:id:jpsupakopi:20170313194107j:plain


 平成27年11月17日、昭島市神町の工事現場から発見された直径約15~20センチの謎の金属球体3個が、警視庁昭島署に届けられた。この工事現場は、旧日本軍の立川陸軍航空工廠や、米軍立川基地(キャンプ・フィンカム)など軍施設の跡地だった。

 当初、この金属球体は不発弾ではないかと思われていたが、調査をした自衛隊朝霞駐屯地は「不発弾ではない。バッテリサプライヤー 詳細不明」と回答。内部から液体が入っているような音がするため「毒ガス」、芯(しん)があるため「軍用のランタン」などさまざまな憶測を呼んだ。

f:id:jpsupakopi:20170313194054j:plain



 工事現場の土中から発見された物品は、危険物や文化財などではなく、かつ土地の所有者や発見者が権利を放棄した場合、ごみとして処分される。しかし、詳細不明の物品では適用法令がないため、長らく「何ごみとして処分したらいいかわからない」(昭島署の担当者)状態に陥っていた。

 産経ニュースが2月、タッチスクリーンサプライヤー 金属球体について記事にしたところ、読者から多くの情報が寄せられた。「昭和20年、本土決戦が迫ったころ、川崎市溝口にあった東部第62部隊で、同じ形状のものを見たことがある。それは陶器製で、内部には青酸化合物の液体が入っている『対戦車兵器』だった」「焼玉(やきだま)エンジンの焼玉部分だと思う。高齢の船舶整備士が詳しいのではないか」「ロケットやミサイルの推進用タンクの可能性がある。スペインやベトナムでも同型のものが発見されている」…。戦前に立川陸軍航空工廠で実際に働いていた男性からの証言もあった。

f:id:jpsupakopi:20170306124332j:plain


 昭島署は情報を集約し、iphone周辺機器サプライヤー 資料写真などを見比べた結果、金属球体を「ヴィンテージ・ロードフレア」や「ノーベルランプ」と呼ばれる「航空機の夜間離着陸用の誘導灯」と判断した。中に灯油を入れ、突起部分に火をつけて、滑走路上に等間隔に置いて使っていたという。球体なのは「離着陸に伴う風でバランスを崩さないようにするため」(情報提供者)。

昨年9月、東京都足立区で男が帰宅途中の女性を襲って下着を盗む事件があり、警視庁千住署は16日、現場の防犯カメラに写っていた画像を公開した。強盗、強制わいせつ容疑で男の行方を追っている。

 千住署によると、男は昨年9月24日午後10時10分ごろ、東京都足立区のマンション玄関で、帰宅途中の女子高生の後ろから襲いかかり、口をふさいで引き倒し、スカートの中に手を入れて体を触るなどわいせつな行為をし、下着を奪って逃走したという。男は年齢30代で、充電ケーブルサプライヤー 身長165~170センチ。白いシャツに紺色っぽいズボンを着用していた。

「マネキン」だと思って近づいた中学生たちが発見したのはブルーシートに包まれた人間の遺体だった。日本三美人の湯の一つとして名高い龍神温泉からほど近い和歌山県田辺市龍神村柳瀬の山林で今年1月、大工の場谷忠善(ばたにただよし)さん(50)の遺体が見つかった。背中の右肩付近に約10センチの刺し傷があり、和歌山県警田辺署捜査本部が殺人・死体遺棄容疑で捜査。事件は約2カ月後、場谷さんが同県上富田町の一戸建てで同居していた長女で無職の柴田幸江(ゆきえ)(23)、その夫で介護施設パート従業員の大幸(ともゆき)(31)の両容疑者が死体遺棄容疑で逮捕されるという衝撃的な展開をたどった。

f:id:jpsupakopi:20170301003315j:plain



 地元では、仲の良い家族としてみられ、腕の良い大工だった場谷さんは経済的にも幸江容疑者らを支えていたという。携帯電話の周辺機器サプライヤー 家族はなぜ、こんな形の結末を迎えてしまったのか。

 冬場の枯れ木に覆われた県道沿いの寂しげな山林で、白いひもで縛られたブルーシートを発見したのはボランティアで清掃活動をしていた地元の中学生だった。シートからは足の一部が出ていたという。「マネキンかもしれない」。不審に思った生徒たちから報告を受けた教員が、近くで交通整理をしていた田辺署員に通報。署員がシートの中身を確認したところ、見つかったのは男性の遺体だった。

 遺体は、背中の右肩付近に鋭利な刃物のようなもので刺された傷跡があり、着ていた衣服には多量の血液が付着。県警は殺人・死体遺棄事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。遺体は特徴的な木製ブレスレットを着けており、捜査本部が写真を公開。まもなく情報提供から身元が明らかになった。

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 場谷さんは遺棄現場の龍神村地区出身。地元の中学を卒業後、複数の工務店で勤務してきた腕利きの大工で、同僚からの信頼も厚かったという。「やさしい人だった。ブルーシートに包まれた状態で見つかるなんてかわいそうでたまらない」。知人女性(82)はこう語り、声を詰まらせた。

 場谷さんは、昨秋から田辺市と隣接する上富田町の一戸建てで長女夫婦と同居。県警の調べに長女は、場谷さんが昨年12月から行方不明になっていたと述べ、場谷さんの携帯電話から無料通信アプリLINE(ライン)で「連帯保証人になっており、他の場所に働きに出る。捜さないでほしい」という趣旨のメッセージが届いたと説明した。

連絡メール:serkoo@sina.com
店舗名:千里行商貿屋 http://www.serkoo.com