haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

電子製品サプライヤー日本の小さいアリババ

新型弾道ミサイルの発射や、金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長(33)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の暗殺など、北朝鮮がらみの問題が続発している。韓国社会は北朝鮮という差し迫った現実問題に目を覚ましたかに見えたが、朴槿恵(パク・クネ)大統領(65)の職務が停止し、弾劾審判が迫るなか、奇妙なことに北朝鮮どころではないようだ。国内のゴタゴタの一方で、竹島の領有権問題などをめぐってまた日本を非難。“北の脅威”はつかの間の騒動であるかのように、忘れ去られようとしている。(ソウル 名村隆寛)

 昨年10月の中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルの発射(この時は失敗)以来、約4カ月ぶりの弾道ミサイル発射に韓国の政府やメディアは衝撃を受けた。北朝鮮が12日に打ち上げたのは、電子製品サプライヤー 潜水艦発射弾道ミサイル(SLMB)を陸上発射型に応用したものだった。

 ミサイルはいったん空中に浮上した後に発射し、今回は成功したとみられている。韓国が驚きを隠せないのは、発射成功に加え、燃料の固体化と無限軌道型の移動式の発射台から打ち上げられたことだ。電池メーカー銘柄電池 電池サプライヤー メーカー ランキング  発射の機動性が増し奇襲発射が可能になることで、衛星での早期探知も容易ではなくなる。

 「ミサイルは発射角度が垂直に近い89度で、通常角度での発射であれば射程は2000キロ以上になる」(韓国の情報機関、国家情報院)と分析されている。当然、韓国全土はもちろん、日本も射程に収める。韓国と在韓米軍が現在保有する兵器での迎撃は不可能だ。韓国政府は今夏に予定する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を待つしかない。

 朴大統領の職務停止で、3カ月間半余り国政が停滞を続けた韓国をあざ笑うかのように、北朝鮮は4カ月の沈黙を破り バッテリサプライヤー 「新型弾道ミサイル」の発射を成功させた。

 韓国が久々に「北」で驚いたのは前述の通りだが、特に韓国メディアは、北朝鮮のミサイル発射を受けた日米首脳の素早い対応にむしろ驚いていた。

 ■トランプ氏が「韓国」に触れず落胆

 安倍晋三首相(62)とドナルド・トランプ米大統領(70)は滞在先の米フロリダ州で、北朝鮮のミサイル発射について共同記者会見した。トランプ大統領は「米国は偉大な同盟国である日本を100%支持する」と述べた。安倍首相も帰国後の13日、「(トランプ政権の対北朝鮮タッチスクリーンサプライヤー 姿勢はより厳しくなる」と語り、日米で緊密に連携する方針を表明した。

 以上、北朝鮮の軍事挑発に対する日米首脳の“緊密な連携”という望ましい話であるが、韓国は両首脳、特にトランプ大統領が「韓国」に触れていないことに落胆しているようだった。

 トランプ政権発足直後に訪米した安倍首相を、韓国メディアは「屈従外交」やら「ゴマすり」などと揶揄(やゆ)していた。その背景には、大統領が職務停止状態の韓国が対米外交で後れをとっているといった焦りや羨望(せんぼう)が露骨に出ていた。安倍首相嫌いの韓国メディアらしい表現を使えば iphone周辺機器サプライヤー 「日本の安倍に先を越された」という言い方がピッタリだ。

 その安倍首相がトランプ大統領の別荘に招待された上に、一緒にゴルフまで楽しんだ。しかも、1ラウンド18ホールだけでなく、さらにハーフの9ホールのおまけ付きだ。これに北朝鮮のミサイル発射に共同対処するとの趣旨の生中継での共同記者会見がついたわけだ。

 北の脅威に加え、トランプ政権下での良好な日米関係という現実を目にし、何も言えない韓国の姿が印象的だった。

f:id:jpsupakopi:20170213180440j:plain

世界を揺るがした北朝鮮金正男キム・ジョンナム)氏殺害事件。母国で最高権力の座に就いた異母弟、金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長の生い立ちと比べると、正男氏の悲哀の人生が浮かび上がってくる。

 「私たちは一度も顔を合わせたことのない兄弟だが…。私と家族を助けて下さい」

 韓国情報機関によれば、充電ケーブルサプライヤー 正男氏が2012年4月に正恩氏に送ったとする手紙にはこうつづられていた。家臣が王に嘆願するように、命を狙う命令の取り消しを切々と訴えていた。

 正男氏が命を狙われたのは一度や二度ではない。正恩氏が金正日(ジョンイル)総書記の後継者に内定した直後の09年4月、正男氏の支持者が集まった平壌の別荘を秘密警察が襲撃。消息筋は「正恩氏の指示だった」とみる。

 中国で10年に交通事故を装った暗殺を計画した秘密警察の要員が後に韓国で逮捕された。中国当局北朝鮮に携帯電話の周辺機器サプライヤー「中国でそんなことはするな」と警告し、生活電器/周辺機器サプライヤー 北京やマカオで暮らす正男氏の警護を強化したという。

 だが中国の“神通力”も効かない事態が起きる。中国と深い関係を持ち、正男氏を庇護(ひご)してきた叔父の張成沢チャン・ソンテク)氏の13年末の処刑だ。正男氏は知人らに「人生は悲しい」と漏らした。

 今回の事件の舞台となったマレーシアで大使を務めていた張氏のおいの張勇哲(ヨンチョル)氏もこのとき本国に召還された。マレーシアはもはや安全な地ではない。それでも「記者以外なら誰とでも会う」と公言する正男氏が東南アジアや中国の行き来をやめることはなかった。

f:id:jpsupakopi:20170213180444j:plain


 正男氏を国外亡命政権の首班に擁立しようとする在英脱北者団体の幹部らとも14年から昨年6月に接触。幹部が韓国紙に語ったところでは、正男氏は「私が首班になっても3代世襲ではないか」電子タバコサプライヤー と断ったというが、北朝鮮の公安機関は見逃さなかったようだ。駐英公使らの相次ぐ亡命で神経をとがらせていた。

 韓国情報機関は、正男氏暗殺命令が正恩氏の「永続的な命令」だったとし、工作機関が実行に移したと分析する。韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相は国会議員にこう説明した。「脱北者らへの強い警告であり、金正恩体制に取って代わる存在を事前に排除したという意味がある」

                   ◇

 ■墓石にも刻まれぬ母の名 正恩氏、出自に負い目抱く 頼れるのは実妹だけ

 北朝鮮金正恩キム・ジョンウンキーボードサプライヤー 朝鮮労働党委員長が2010年10月、公衆の前に初登場した「党創建65年閲兵式」を翌日に控えてのことだ。異母兄、金正男(ジョンナム)氏は「3代世襲に私は反対する」とメディアに公然と語った。権力世襲が決まった弟への当てつけ以外の何ものでもなかった。

 金正日(ジョンイル)総書記の長男として生まれた正男氏は当初、後継者になるのが確実視された。スイス留学中、正日氏が息子と離れるのが寂しく、電話越しに声を上げて泣いたと伝えられる。だが、正日氏が最も愛したという高英姫(コ・ヨンヒ)氏との間に正恩氏や娘の与正(ヨジョン)氏が生まれると愛情が移った。

f:id:jpsupakopi:20170226201158j:plain

f:id:jpsupakopi:20170226201614j:plain


 父の逆鱗(げきりん)にも触れる。1996年、資本主義式の会社を設立し、正日氏が忌み嫌う改革開放を公言した。

 2001年に成田空港で拘束されたのは、高氏側からのリークによるものとの見方がある。携帯充電器サプライヤー 車載充電器サプライヤー ウィーンで正男氏を狙った暗殺計画が04年に報じられた際には、高氏を支持する勢力が画策したとされた。後継者争いの激化を危惧した正日氏は「後継者問題を口にするな」と命じたという。

沖縄県知事のDCへの旅は最悪だった。トランプ政権には相手にされず、地元では注目を浴びた」

 米紙ワシントン・ポストの東京支局長はツイッターで5日、朝日新聞の英語版の記事を引用する形で、日本の小さいアリババ電子製品サプライヤー 翁長雄志知事の訪米行動をそう伝えた。

 米首都ワシントンで面談したトランプ政権関係者や上院議員はゼロ、当地での記者会見に参加した米記者は1人、日本メディア以外で訪米行動を伝えた記事は2本。前述の一文は、批判ではなく、こうした事実を端的に伝えたにすぎない。

 本紙は昨年11月27日に、トランプ政権が名護市辺野古の新基地建設計画を維持する方針と報じたが、翁長知事はトランプ氏が計画を見直すのではないかとの期待を持ち続け、訪米最終日に、訪日中のマティス国防長官が日本政府と現行計画を確認しあったとの報せに接し、落胆した。

 翁長知事は「県民に対して失礼なやり方ではないか」と表現したが、県民を引き合いにした感情論ではなく、なぜ米側が協議のテーブルにつかなかったかを振り返らねばなるまい。

 空港で訪米行動から帰国した知事を出迎えた中には、「埋め立て承認即時撤回」のプラカードを掲げた県民らもいたそうだ。大浦湾では、巨大なコンクリートの塊が次々と投下され、海上工事が着々と進められている。体を張って海を守ろうとする県民にはまさに緊急事態だが、県側から聞こえてくるのは撤回慎重論ばかりだ。

 県は撤回を「最後の切り札」として温存しているようだが、「撤回」という「切り札」は果たして先送りできるものなのか。

 「辺野古移設はすでに決着した」と語るマティス長官の訪日に同行した国防総省筋に聞くと、OEM加工サプライヤー、来料加工サプライヤー;ODM加工サプライヤー;試料処理サプライヤー、加工委託OEMサプライヤー、図面によって加工サプライヤー;型開きなど製品カスタムのサプライヤー
「沖縄は撤回が有効な切り札となりえたタイミングはすでに逸したのではないか」と問いを向けてきた。


 元裁判官の仲宗根勇氏は「工事が進めば進むほど裁判になったとき、撤回の効果は薄れ撤回の有効性の全否定もあり得ます」(本紙2月9日論壇)と警鐘を鳴らし続けている。

現実の景色と出現したポケモンを重ねて撮影できる「Pokemon GOポケモンGO)」のARカメラで撮れた、普段見ている光景のあんな所やこんな所に出現したポケモンたちを紹介する連載「こんな所にもポケモン」。

【地域限定レアのサニーゴ】

 今回は30代男性からの投稿で、「少年心をくすぐるエアームド」です。

●少年心をくすぐるエアームド

 ジョウト地方の新ポケモンが解禁されたとき、僕の周囲には「初代(カントー)より印象が薄くて、子供のときプレイしたはずなのに記憶が曖昧」などと言う友人が何人かいたのですが、個人的には好きなポケモンが何匹もいます。

 中でも特に気に入っているポケモンエアームドです。強キャラ感があふれるルックスもさることながら、全身が硬いヨロイにおおわれた体、時速300kmで飛び回るスピード、刀のように鋭い鋼の翼といった図鑑の説明に、男子が食いつかないわけありません。実際に金・銀、ルビー・サファイアといった本家ポケモンでは常にスタメンでした。

 そんなエアームドですが、どうやらレア枠らしく、街を歩いてもタマゴをふ化させても全く出てきません。こりゃ長期戦になるな……などと思っていたら、運よく近所で出会えました。動き回ってボールをよける新ポケモンが増えたため、エアームドもさぞかし高速で飛び回るのだろうと不安でしたが、意外にも静止時間が長く、ゲットしやすかったです。無論、速攻で相棒のポケモンにしました。

嵐の櫻井翔さん(35)がテレビ朝日アナウンサーの小川彩佳さん(32)と交際していることが26日、分かった。2人は別のテレビ局でニュース番組を担当する“ライバル同士”だが、裏ではしっかり愛をはぐくんでいたようだ。

 2人の熱愛はニュースサイト「NEWSポストセブン」が報じ、27日発売の「週刊ポスト」にツーショット写真とともに掲載される。櫻井さんは、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の月曜キャスターを務め、小川さんも「報道ステーション」(テレビ朝日系)でサブキャスターを担当している。

 「週刊ポスト」では2月12日に小川さん宅のベランダに現れた桜井さんをキャッチ。その後11日間にわたる密会を詳報している。2人の交際が明らかになったきっかけは、昨年末にテレ朝関係者が「小川が最近やたらと早く帰るようになったんです」という言葉だったという。

 櫻井さんは慶応大学卒で父は元総務事務次官。小川さんも父親が慶大病院の診療部長を務めている。ツイッターには「めっちゃお似合い!!結婚までいきますように!!」「文句の言いようがない。幸せでいてほしい気持ちは間違いないけれど、寂しさを感じているのも事実」などの声が寄せられている。

今月27日から原則として庁舎内の全執務室の施錠を開始する経済産業省が、取材の場所や対応する職員を限定するなどの取材対応の新ルールを策定し、職員に通知していることが分かった。同省は情報管理の徹底のためとしているが、省庁による詳細なルール化は異例で情報公開の流れに逆行するとの懸念の声も出ている。【宮川裕章】

【経済産業省はこんな建物】

 毎日新聞が入手した内部資料によると、庁舎管理の厳格化のために全執務室を施錠し、職員以外の入室を禁止。取材を含む外部訪問者との面談は執務室外の会議室で行うことをルール化した。取材対応は管理職(課長・室長級)以上に限定したうえで、メモを取る職員を同席させ、取材内容を広報室に報告するよう求めている。幹部らの自宅周辺の約束なしでの取材は原則受け付けず、やむを得ず取材を受けた場合も広報室に報告を要請している。

 これまでは、省内のほとんどの執務室は開放され、室内で取材を受けていた。また管理職以外の職員も取材に対応し、広報への報告もほとんどなかった。他省庁では機密性の高い業務に当たる一部の執務室は施錠しているものの、すべてを施錠するのは異例だ。経産省内からは「広報への報告などの業務が増えて負担になる」「管理職以上に記者対応が集中し、事実上取材を受ける時間が確保できなくなる」との声が出ている。

 関係者によると、今月10日の日米首脳会談の前に、経産省が作成に関わった資料が政府内での調整前に一部メディアで報道され、情報漏れが問題となった。経産省は今回の新ルールについて「個別の事案に対応したわけではない」と関連を否定。広報室は「機密性の高い案件を取り扱っており、部外者が執務室内に入ることができる状況を解消する。取材対応に悪影響が出ないよう、柔軟に運用していく」と説明している。

写真はすっかりデジタルカメラスマートフォンで撮影するのが一般的になったが、フィルムを使って撮る銀塩写真も愛好家を中心に人気があり、中でも二つのレンズを持つ二眼レフカメラは今も評価されている。そのほとんどはレンズ交換ができず、不便さから時代から消えたはずの二眼レフの根強い人気の背景を探った。