読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

ルイヴィトンコピーが日本に販売。

ルイ・ヴィトンが日本に本格的に入ってきたのは、モノグラム誕生からおよそ80が経過した1978年。ルイ・ヴィトンの日本支店が設立されたのです。戦前、ロンドンとアメリカに店舗を持つも、戦後、ルイ・ヴィトンブランドコピー 財布の直営店舗はフランスのパリとニース、2店だけとなっていました。しかしある理由からルイ・ヴィトンは日本進出を決意。そして実際、日本は世界再進出の第1号拠点となったのです。ルイ・ヴィトンに日本進出を決意させたその理由とは――パリの店舗前にできた行列でした。海外旅行が自由化されてからおよそ10年、1970年代前半になってようやく航空券の値段も下がり、日本では空前の海外旅行ブームが巻き起こりました。それに加えて、デザイナーのケンゾーや、ブランドバッグコピー2016 イッセイ・ミヤケ、モデルの山口小夜子らがパリで大活躍をした時代。さらに、彼らの活躍を取り上げたファッション誌の登場も手伝って、日本では一部のセレブの間でしか知られていなかったルイ・ヴィトンという世界の一流ブランドが、多くの日本人の知るところとなったのです。そして日本の3分の1以下で買うことができた海外のルイ・ヴィトン店舗には、観光客のみならず、並行輸入業者が列をなす結果となったのです。
そんな並行輸入業者に対抗するためにルイ・ヴィトンがうった手段が、「ルイヴィトン・ジャパン」の設立。フランスにより近い値段で、一流のサービスとこだわりを提供したのです。そして非公式な数字ながらも、わずか10年余り後にはルイ・ヴィトン全体の売上の実に半分までを日本人が占めるように・・・。現在では20代女性の94,3%がルイ・ヴィトンの製品を、49,1%がルイ・ヴィトンのバッグを持っているという統計もあるのです!
そして2003年、ルイヴィトンコピーバッグ は日本と再び深いかかわりをもつようになります。それが、村上隆とのコラボレーションシリーズの発表でした。そしてことし、ニューヨーク5番街にオープンしたルイ・ヴィトンのビルを設計したのが青木淳。ニューヨークのブルックリン美術館の改修設計などを手がけてきた青木は、古いビルの正面を白いガラスが覆うというデザインを発表し、世界中で大きな話題を呼びました。名古屋店・表参道店、そして昨日リニューアルオープンしたばかりの銀座・並木通り店などのデザインを手がけたのも青木氏なのです。世界の一流ブランド「ルイ・ヴィトン」。そこにはニッポンの文化が大きく影響を与えていたのです。
これまでの話を総括すると、ルイ・ヴィトン社は王侯貴族のオーダーを一身に受け、巨大企業になったかのような書き方をしましたが、ヴィトンスーパーコピーバッグ実際は1977年まではフランスのローカルカンパニーであり、典型的なファミリー経営をしていました。実情は初代ルイ・ヴィトンから4代目アンリ・ルイ・ヴィトンまでは自身がデザイナーであり、職人であり、そして経営者でした。

ところが、4代目アンリ・ルイ・ヴィトンは大きな経営転換をします。
パリのルイ・ヴィトン本店にやって来る日本人観光客にヒント得ます。
それまで、ルイ・ヴィトン製品は日本でも高い評価は受けていましたが、日本での販売は代理店販売で代理店はフランス本国の4倍もの値段を付けて製品を販売していました。日本人にも海外旅行ブームが訪れ、フランスへ行けば日本の4分の1でヴィトン製品を買えるということで、パリの本店に日本人客が殺到したのです。

ここで、アンリ・ルイ・ヴィトンは大きな経営判断をします。自らは経営から退き会長になります。そして外部から招いた経営専門家に経営を任せます。社長に選出されたのは、鉄鋼会社を経営するアンリ・ラカミエ氏でした。
、ラカミエ氏は日本での直営店運営を決めます。

日本での販売責任者になったのが後にルイ・2016 ヴィトンバッグコピー・ジャパンの社長となった秦郁次郎氏です。
日本での売れ行きは好調で、右肩上がりの成長をみせます。

その後、上述のようにモエ・ヘネシー社と合併、各有名ブランドを傘下にしつつも各ブランドのイメージを損なわなずグループとして成長を続け、現在、グループ全体の売上高は1兆円を超えている超巨大企業へと成長したのです。

高端のスーパーコピー屋:http://www.haispkp.com
お問い合わせ先:ok@haispkp.com