haispkp’s diary

千里行商貿屋 www.serkoo.com

日本先端のバッグレプリカ

「永遠に"バカ"でいたい男のためのバイブル」エルメスコピーベルト激安 をコンセプトにした季刊誌「レックレス(RECKLESS)」が、11月6日に創刊された。初号の表紙は俳優の窪塚洋介が飾り、価格は650円。10号限定で刊行し、最終号は2018年3月に発売を予定する。
 「レックレス」は「向こう見ずな」を意味し、ファッションとカルチャーを中心にカジュアルな内容で展開。ターゲット層は20代前半から30代前半の男性で、男性ファッション誌などでバレンシアガバッグスーパーコピー連載を持つ今井峻が立ち上げた新会社が制作する。
新社屋で行われたパーティーには国内ディベロッパーや中華圏も含めた関係者らが集い、ショーはファッション事業5周年のタイミングでデビューした「フレイアイディー(FRAY I.D)」からスタート。2013年にグループに加わった「ファーファー(FURFUR)」、「リリーブラウン(Lily Brown)」、「ミラオーウェン(Mila Owen)」、「サロン ド バルコニー(Salon de Balcony)」、「ジェラート ピケ」へと続き、スタイリストの白幡啓と共に立ち上げたのセレクトショップ日本先端のバッグレプリカの新業態「styling/」も披露された。その後は、日本を除くアジアで先行展開している「URAHA」、ウェルネス業態として同グループが注力する「エミ(emmi)」、「スナイデル」の2015年ウィンターコレクションが登場。最後にカルテットの演奏のもと「スナイデル」の2016年春夏新作コレクションが披露され、トップとトリを飾った松岡モナはショーに出演した感想を「柔らかいイメージの中に強さも見え、ブランドの印象が変わった」と述べた。
 11月11日からマッシュホールディングスの新社屋となる麹町ダイビルは、建築家の村野藤吾が手がけ、以前は東京スタイルのオフィスだったビル。1階にはオーガニック中心のメニューを提供する社員食堂やフィットネスルームを設ける。

お問い合わせ先:ok@jpsupakopi.com
日本先端ブランドスーパーコピー屋:http://www.jpsupakopi.com/